ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PM2.5・DEPの毒性・影響評価に関する研究(平成 16年度)
Study on environmental behavior and health effects of airborne fine particulate matter such as PM2.5 and DEP

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA299
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
ディーゼル排気粒子,呼吸ー循環機能,肺炎,毒性成分
キーワード(英語)
DIESEL EXHAUST PARTICULATES,CARDIO-PULMONARY FUNCTION,PNEUMONIA,TOXIC COMPONENT,ALLERGY

研究概要

ディーゼル排気暴露の呼吸-循環器系への影響の解明実験動物にディーゼル排気を暴露し呼吸-循環器系への影響とその機構を解明する。

全体計画

実験動物を使った研究を実施して、PM特にDEPの健康影響に関する知見を集積する。ディーゼル排気全体の呼吸-循環器系への影響を明らかにする。次にディーゼル排気中成分の曝露実験を行い、ディーゼル排気中の粒子あるいはガス状成分の呼吸-循環器系への影響を順次解明する。ディーゼル排気暴露の動物への影響ー反応関係の解析を行う。

今年度の研究概要

循環機能の病態モデル動物を用いた微小粒子状物質曝露が呼吸-循環機能におよぼす影響の解析と機構の検討。DEPによる感染性肺傷害の増悪機構を検討し、主たる増悪成分の絞り込みを行う。微小粒子状物質中成分の毒性スクリーニングを行う。ディーゼル排気がアレルギー喘息の増悪作用等に及ぼす影響の機構を解析する。

課題代表者

小林 隆弘

担当者

  • 高野 裕久
  • 鈴木 明
  • 古山 昭子環境リスク・健康研究センター
  • 小池 英子環境リスク・健康研究センター
  • 井上 健一郎
  • 柳澤 利枝環境リスク・健康研究センター
  • 藤巻 秀和