ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

温室効果ガスインベントリの作成、解析及び地球温暖化対策への利用に関する研究(平成 15年度)
Development, analysis of the National Greenhouse Gas Inventory and its utilization for measures to climate change

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0305BY590
開始/終了年度
2003~2005年
キーワード(日本語)
温室効果ガス,気候変動枠組条約,京都議定書,温暖化対策
キーワード(英語)
GREENHOUSE GAS,UNFCCC,KYOTO PROTOCOL,MEASURES AGAINST CLIMATE CHANGE

研究概要

国際連合気候変動枠組条約に定められた日本国温室効果ガスインベントリを作成すると共に、その精緻化、その解析を行い、温室効果ガス発生、吸収量の変動・傾向及びその原因を明らかにするための研究を行う。また、温室効果ガスインベントリから得られた知見を温暖化対策研究に利用するための研究を行う。

全体計画

インベントリ精緻化に関する問題点の体系的整理及び民生部門における要因分析手法改善のための予備的研究を行う(14年度)。予備的検討に基づき、(1)インベントリの精緻化については問題の解決を図る、(2)インベントリの解析については、温室効果ガス排出量の増減の要因分析、短期的予測手法を開発する、(3)温暖化対策研究支援については民生部門のエネルギー消費の実測データに基づくモデルの作成等を通じわが国の排出量の推計精度の向上及び排出量増減の要因分析手法を開発する(15年度~17年度)。

今年度の研究概要

(1)インベントリの精緻化についてはエネルギー転換部門における排出実態の検討を行う。(2)インベントリの解析については、月次データから年間の排出量を予測するためのシステム構築について検討を行う。(3)温暖化対策研究支援については、平成14年度の基礎的検討を踏まえモデル構築の検討を行う。

備考

追加予算:アジア太平洋地球変動研究ネットワーク「温室効果ガスインベントリ開発キャパシティ・ビルディング」

課題代表者

中根 英昭

担当者

  • 相澤 智之
  • 吉田 友紀子