ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

サンゴ礁生物多様性保全地域の選定に関する研究(平成 15年度)
Study on the selection of the protection area for biodiversity of coral reef

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0305BA557
開始/終了年度
2003~2005年
キーワード(日本語)
サンゴ礁,石西礁湖,流動モデル,卵幼生輸送,トラジェトリー
キーワード(英語)
CORAL REEF,YAEYAMA ISLAND,TRAJECTORY,EGG AND LARVAE,HYDROGRPHIC MODEL SIMURELATION

研究概要

サンゴ礁は海の熱帯林といわれるように生物多様性が豊富であるが、近年世界的に劣化している。我が国も自国内にサンゴ礁を有する先進国の一員として、日米コモンアジェンダを契機に1994年に米国、オーストラリア等8カ国と協力しながらサンゴ礁の保全と持続的な利用に関する包括的な国際枠組みである「国際サンゴ礁イニシアチィブ(ICRI)」を築きあげ、世界のサンゴ礁の保全に向けて責任を持って取り組む方針を示すとともに、2002年に策定された我が国の「新・生物多様性国家戦略」においてもサンゴ礁保全のための取り組みに積極的に参加協力していくことが謳われている。特に、サンゴ礁海域に保護区を設定して、重点的に管理を施す必要があるが、その際、海域の海洋物理的特性の考慮も含めた科学的な根拠に基づいたデシジョンを行う必要がある。

全体計画

サンゴ礁生態系を成立するためには、サンゴ群集そのものだけでなく、海水の流動や拡散によってサンゴの卵および幼生がソース地域から加入(着床)地域にどのように運ばれるかが大きな要素となる。したがって、石西礁湖(八重山諸島の石垣・西表・黒島に囲まれた浅海域)を対象とし、この海域における流動を数値シミュレーションモデルによって求める。また計算された流動場の上での粒子輸送のトラジェクトリー(流跡線)を計算し、ソース地域としてどの地域を重点的に保全すべきかに関する提言を行う。

今年度の研究概要

石西礁湖を対象とした3次元の流動をシミュレートする数値モデルを作成する。ネスティング手法により、バックグラウンド海域を含めた大きな領域から、中間領域、礁池内部までを再現めた小さい領域の3段階の格子サイズの計算領域をくみあわせて計算を行う。流れを駆動する外力としては、風応力(石垣気象台における観測からの代表的風速値)と潮汐(潮位表から得られたM2分潮)の2つを考える。また、得られた流動場から、サンゴの卵・幼生が輸送されるトラジェクトリーを求める手法の基礎を作る。

備考

水産総合研究センターが課題代表となり、他に産業技術総合研究所、国立環境研究所、東京海洋大学, 東京大学, 島根大学が加わった共同研究課題である。

課題代表者

原島 省