ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

21世紀のアジアの水資源変動予測(平成 15年度)
Projection of water-resources variation in the Asian area in the 21st century

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
0303CB526
開始/終了年度
2003~2003年
キーワード(日本語)
水資源,アジア域,気候モデル,土地利用変化
キーワード(英語)
WATER RESOURCES,ASIAN AREA,CLIMATE MODEL,LAND USE CHANGE

研究概要

アジア域の水資源需給状況の将来展望に資することを目的とする。そのため、本研究では、複数の気候モデルを用いて過去数十年の水循環を再現し観測データと比較・評価した上で、気候変動および土地利用変化による水循環変動予測を行い、温暖化時の全球およびアジア域における降水量や水循環などの変化を、不確定性の幅も含めて定量的に推定することを目標とする。

今年度の研究概要

全球気候モデルによる現在の気候条件と温暖化時の気候条件に対するシミュレーション結果から、モデルで表現された水循環の変化を調べる。複数(2機関)のモデルによる結果を比較することで不確定性の幅に関する知見を得る。2050年頃に生じると予測される土地利用変化を考慮した場合の全球気候モデル実験を行い、温暖化にともなう土地利用変化の水資源変動への影響を評価する。全球気候モデル結果を境界条件として、現在の気候条件と温暖化時の気候条件に対して、地域気候モデルによるシミュレーションを行い、アジア域における水資源変動予測の情報を提供する。

備考

研究代表者:鬼頭昭雄(気象研究所) 共同研究機関:気象研究所・東京大学・農業環境技術研究所・電力中央研究所

課題代表者

野沢 徹