ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

淡水無脊椎動物の繁殖に及ぼす化学物質の影響(平成 15年度)
Reproductive effects of chemicals on the freshwater invertebrates

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE176
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
内分泌かく乱化学物質,淡水無脊椎動物,繁殖
キーワード(英語)
ENDOCRINE DISRUPTER,FRESHWATER INVERTEBRATES,REPRODUCTIVE EFFECTS

研究概要

淡水無脊椎動物の繁殖に対する内分泌かく乱化学物質の影響を把握するために、水温や密度条件などの生態的要因を変えることでいかなる影響を及ぼすかを明らかにすることを目的とする。そのために本研究ではチカイエカ実験個体群を用いた研究を行い、淡水無脊椎動物の繁殖に対する内分泌かく乱化学物質の影響解明に資することを目標とする。

全体計画

チカイエカ実験個体群の継代飼育法の検討を行う(13年度)。チカイエカ孵化幼虫に高温(30℃)ならびに低温(15℃)条件下で内分泌かく乱化学物質を暴露して、幼虫の死亡、性比、産卵などの繁殖に及ぼす影響を明らかにする(14~15年度)。チカイエカ孵化幼虫に高密度(2~4倍)条件下で内分泌かく乱化学物質を暴露して、同様に繁殖に及ぼす影響を明らかにする(16~17年度)。

今年度の研究概要

平成14年度と同様の試験法でチカイエカ孵化幼虫に低温(15℃)条件下でノニルフェノールなどの内分泌かく乱化学物質を暴露して、幼虫の死亡、性比、産卵など繁殖に及ぼす影響を明らかにする。

備考

共同研究者:掛川洋次、渡邉泉(東京農工大学)

課題代表者

多田 満

  • 生物・生態系環境研究センター
    環境ストレス機構研究室
  • 主任研究員
  • 農学博士
  • 生物学,文学,農学
portrait