ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PM2.5・DEPの疫学・曝露評価に関する研究(平成 15年度)
Epidemiology and exposure assessment

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA298
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
疫学,曝露評価
キーワード(英語)
EPIDEMIOLOGICAL STUDY,EXPOSURE ASSESSMENT

研究概要

都市大気中におけるPM2.5を中心とした粒子状物質(PM;Particulate Matter)による大気汚染を改善するためには、発生源動態の把握、環境濃度との関連性の解析、並びに疫学・曝露評価、毒性・影響評価を行う必要がある。PM2.5およびDEPに関する疫学データおよび曝露量データを収集・整理、解析することにより、健康リスク評価のために必要な資料を提供する。

全体計画

曝露量・健康影響評価のために地理情報システムを運用し、PM/DEPの地域分布の予測を行う。この結果を統計解析し、それぞれの地域における曝露量を予測する。さらに、GISを利用した全国・地域PM/DEP曝露量予測結果と疫学データとの関連性を解析する。

今年度の研究概要

南関東地域についてPM/DEP曝露量モデルによる推計をおこない、モデル適用の問題点を検証する。疫学調査に必要な局地汚染を加味したミクロ推計モデルの検討を行う。

課題代表者

新田 裕史

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 保健学博士
  • 医学
portrait

担当者

  • 小野 雅司
  • 田村 憲治
  • 村上 義孝
  • 山崎 新