ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PM2.5・DEPの測定に関する研究(平成 15年度)
Study on measuring and monitoring methodology for PM2.5 and DEP

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA297
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
モバイル型モニタリングシステム,ガスセンサー,粒子センサー,風洞実験,数値モデル
キーワード(英語)
MOBILE MONITORING SYSTEM,GAS SENSOR,PARTICLE SENSOR,WIND TUNNEL,NUMERICAL SIMULATION

研究概要

高密度かつ高時間分解能測定が可能な計測システム等を用いて大気中の微小粒子状物質、および粒子生成に関わるガス状物質データを取得し解析・評価することにより、発生源から人体や植物体に至る粒子状物質の振る舞いを全体的に把握する。

全体計画

フィールド観測、データ解析、風洞実験、数値モデル等の解析手法を用いて、PM2.5・DEPの輸送、拡散、沈着の動態を明らかにする。

今年度の研究概要

平成15年度には大気中のガス・エアロゾル成分の輸送・拡散・沈着のメカニズムをフィールド観測や数値解析により更に解明すると共に、沿道周辺地域における局所高濃度大気汚染の動態把握を行い、風洞実験等を用いて環境濃度予測に関する研究を行う。また、大気常時モニタリングの諸問題を検討する。特に、ベータ線吸収式エアロゾル計測装置についての比較試験を行い測定条件による違いや装置間誤差の原因を明らかにする。

課題代表者

若松 伸司

担当者

  • 内山 政弘
  • 西川 雅高
  • 上原 清
  • 松本 幸雄
  • 須賀 伸介社会環境システム研究センター