ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

病原生物が野生生物集団に及ぼす影響に関する研究(平成 15年度)
Effects of parasites on the wildlife populations

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0103CD209
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
野生生物,寄生,病気,集団,抵抗性
キーワード(英語)
WILDLIFE,PARASITE,DISEASE,POPULATION,TOLERANCE,RESISTANCE

研究概要

野生生物集団はほとんど常に寄生虫や病原体(以後、病原生物と総称)を保有している。病原生物が直接に野生生物集団に絶滅をもたらした例はあまり知られていないが、その理由は病原生物の感染性と野生生物の寄生抵抗性が比較的短期間に共進化を起こすことにあると考えられている。しかし、病原生物が野生生物の生存や繁殖への影響を通して、形質や遺伝変異にどのような変化を与えているのかについて、進化的な視点で研究を行なう。

全体計画

カワトンボ、コジュリン、セイヨウマルハナバチの自然集団を系としてえらび、寄生率および寄生抵抗性(免疫能)の種内変異(集団内変異と集団間変異)を実態調査するとともに、変異の維持機構を遺伝/生理学的手法を用いて進化生態学的な視点から明らかにする。また集団内に寄生率の異なる二型が存在するカワトンボを選び、寄生抵抗性の種内変異の意義を明らかにする。また、性的形質と病気抵抗性との関連性を調べるためにコジュリンを対象とする。侵入生物であるセイヨウマルハナバチは輸入時に寄生ダニがついている事が多く、寄生ダニの在来マルハナバチとセイヨウマルハナバチへの影響を比較する。

今年度の研究概要

カワトンボの集団による寄生抵抗性の違いを評価する。コジュリンの雌の配偶者選択に免疫能が与える至近要因を明らかにする。海外のダニのマルハナバチへの感染と生存力への影響を確かめる。

課題代表者

椿 宜高

担当者