ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

湖沼における有機炭素の物質収支および機能・影響の評価に関する研究(平成 15年度)
Studies on mass balance of dissolved organic matter in lake and its functions and effects on lacustrine ecosystems and water quality

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
0103AG112
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
湖水,難分解性有機物,溶存有機物,物質収支,フミン物質
キーワード(英語)
LAKE-WATER,RECALCITRANT ORGANIC MATTER,DISSOLVED ORGANIC MATTER,DISSOLVED ORGANIC CARBON,MASS BALANCE,AQUATIC HUMIC SUBSTANCES

研究概要

近年,湖水中の難分解性溶存有機物(DOM)濃度の漸増現象は遍在的な広がりを見せ,湖沼環境に甚大な影響を及ぼしていると考えられる。湖沼環境保全上、湖水中の難分解性DOMの漸増メカニズムを定量的に把握する必要がある。そのために本研究では、湖水DOMの特性・起源、湖沼生態系への機能・影響に関する科学的知見を集積し、湖沼における難分解性DOMの主要発生源を有機炭素等の物質収支により定量的に明らかにすることを目標とする。

全体計画

有機炭素原単位の算定,流域・湖内モデルを構築に着手し、湖水および主要流入河川水を頻度高く採取しDOM分画手法に供する。(13年度~15年度)。有機態鉄測定法の開発,底泥由来DOM調査の実施,優占らん藻類増殖状態評価手法を開発・確立を目指す(14~15年度)。流域発生源モデルによる河川水DOM収支、湖内モデルによる湖水DOM収支を計算し、実測データとの比較・検討して湖水中の難分解性DOMの主要発生源を推測する(14~15年度)。湖水DOMの藻類増殖・種組成に及ぼす影響を総合的に評価する(14~15年度)。底泥由来と藻類由来DOMの生産性、微生物群集構造と環境条件の関係、DOMの特性・起源について評価する(15年度)。

今年度の研究概要

前年度に引き続きモデル構築,DOM分画を実施する。霞ヶ浦における溶存有機態鉄濃度を測定する。混合培養実験により、らん藻類の優占メカニズムに及ぼすDOMの影響を評価する。実測データをまとめ、構築したモデルを使って、湖水DOMおよび難分解性DOMの霞ヶ浦における収支計算を実施する。計算結果から難分解性DOMの主要発生源を明らかにする。

課題代表者

今井 章雄

  • 企画部
  • フェロー
  • Ph.D. (土木工学)米国テキサス大学オースチン校
  • 工学,化学
portrait

担当者