ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策2. 化学物質環境リスクに関する研究 - 効率的な化学物質環境リスク管理のための高精度リスク評価手法等の開発に関する研究(平成 15年度)
2. Research on environmental risk by chemical substances - Development of methodologies for sophisticated assessment and effective management of environmental risk by chemical substances

研究課題コード
0105PR021
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
化学物質, リスク評価, リスク管理, 高精度化, 効率化
キーワード(英語)
CHEMICAL SUBSTANCES, RISK ASSESSMENT, RISK MANAGEMENT, SOPHISTICATED ASSESSMENT, EFFECTIVE MANAGEMENT

研究概要

新たな汚染が顕在化するたびに化学物質汚染は複雑化、多様化し、そのリスク管理はますます難しくなっている。内分泌かく乱化学物質や複合曝露など、未対応のリスクが存在する一方で、対応を必要とする化学物質の増加や対応が困難な化学物質の出現によってリスク管理に要するコストが増大している。
リスク管理を適切に行うには、的確なリスク評価がその前提となる。リスク評価が適切に行われないと、リスク管理に過大な社会コストを要する一方で、影響を受けやすい人や生物を切り捨てることになりかねない。これを克服するには、段階的なリスク評価によって対象を絞り込み、高いリスクが予想される問題について高精度のリスク評価を行うことが必要となる。また、被害の発生を未然に防ぐには、十分な知見が整うのを待たずにリスク管理を行わなければならないため、社会的な合意が必要となり、的確な合意形成のためにはリスクコミュニケーションを促進する必要がある。
 本研究では、現行のリスク管理政策の要請への対応とリスク管理政策の将来的な展開に向けて7つの研究課題を実施している。

全体計画

構築するシステムの基本的考え方を整理するとともに、既存の挙動予測モデルや構造活性相関手法をサーベイし、特性による分類・評価を行う。生物種別の毒性試験データを収集し、解析方法を検討する。インターネットを用いて公開しているデータベースの充実及びそれに搭載するデータの加工方法を検討する。
空間分布を再現できる環境挙動モデルの概念設計を行い、モデルに必要となるデータの収集・整理を行う。遺伝子情報解析を用いてヒトの感受性を決定している遺伝子多型解析用の生体試料を採取・分析する。バイオアッセイ手法の役割とその条件を検討するとともに、この観点から既存のバイオアッセイ手法の評価を行う。(13年度)
収集したモデルの中からより少ない情報で使えるモデルを抽出・改良し、試算を行うとともに、化学物質の性状等と環境濃度の統計解析を行い、統計モデルを開発する。生物種と化学物質の種類の組み合わせによる感受性の違いを解析する。データベースの充実・改良を進めるとともに、企業説明会に参加した住民の説明前後での意識変化を探る。
河川データベースを構築し、それを用いてモデルの試算・検証を行うとともに、空間データ変換に基づき曝露の空間分布を算定する手法を開発する。生体試料の収集・分析とそれに基づく遺伝子多型要因の抽出を継続するとももに、曝露要因や生活環境条件との関連を解析する。提案されている複合曝露評価リスク評価指標を調べ、大気モニタリング結果を用いて試算を行う。各種バイオアッセイ手法を実用化の観点から比較評価するとともに、変異原性についてバイオアッセイと動物試験結果の比較を行い、両者の対応関係を明らかにする。(14年度)
抽出・改良したモデルや開発した統計モデルを組み込んで新規化学物質や指定化学物質の審査システムを提案する。生物種と化学物質の種類の組み合わせによる感受性の違いの解析や多媒体の生態毒性試験法の開発を続けるとともに、構造活性相関の可能性について検討を行う。データベースの充実及びデータ加工方法の改良を進めるとともに、PRTRデータの解析を行い、化学物質リスクの現状を分かりやすく伝える手法を開発する。
空間データ変換に基づく曝露分布評価手法を改良するとともに、環境侵入量を推定する手法を開発する。遺伝子多型要因の抽出及び生体試料の分析を継続する。大気について新たな複合曝露リスク評価指標を提案し、試算を行う。実用化の観点からのバイオアッセイ手法の評価やバイオアッセイと動物試験の比較実験を続ける。(15年度)
感受性の高い組み合わせの抽出及び多媒体生態毒性試験法の開発を続けるとともに、構造活性相関手法の開発を試みる。データベースの充実及びデータ加工方法の改良を進めるとともに、専門家の参加を組み込んだリスクコミュニケーション実験を行う。
侵入量予測モデル、環境挙動モデルと体内動態モデルを統合して変動を考慮した曝露評価システムを構築する。遺伝子多型要因の抽出を継続する。作用機構を考慮した複合曝露リスク指標を提案する。選び出したバイオアッセイ手法の改良を行い、バイオアッセイと動物試験の比較実験を続ける。(16年度)
生物種と化学物質の組み合わせによる感受性の違いを考慮した生態リスク管理手法を提案する。データベースの充実及びデータ加工方法の改良を進めるとともに、リスクコミュニケーションにおける専門家の関与方法を提案する。
開発した曝露評価手法を用いて化学物質類型ごとに代表物質を選定して曝露濃度の変動を推定し、この結果を踏まえて新たな化学物質リスク管理手法を提案する。感受性と遺伝子多型の対応関係を明らかにするとともに、感受性を考慮した曝露モニタリング手法及び健康リスク管理手法を提案する。複合曝露リスク評価指標を開発するとともに、複合曝露を踏まえたリスク管理のあり方を提案する。バイオアッセイを活用した環境モニタリングシステムを提案する。(17年度)

今年度の研究概要

開発・改良したモデルの検証を行うとともに、これらの少ない情報に基づく予測モデルを組み込んだ化学物質の審査スキームを提案する。
生物種と化学物質の種類ごとに生態毒性試験結果の解析を行い、感受性の高い組み合わせの抽出を続ける。また、構造活性相関について可能性の検討を行う。
インターネット上で公開しているデータベースをさらに充実させるとともに、PRTRデータや環境濃度測定結果などを住民により分かりやすく伝えるためのデータ解析を行い、公表する。リスクコミュニケーションの場面に応じた専門家関与の要件について検討する。
モニタリング結果がある化学物質を対象に、構築した河川モデルシステムの検証を行い、改良を加える。化学物質の環境侵入量を推定するモデルの設計を行う。空間データ変換を用いた曝露評価手法について大気以外の環境媒体への拡張を図る。
抽出したDNAを解析して、グルタチオン包合酵素やメチル化酵素などの遺伝多型を調べる。ヒ素中毒多発地域での疾病発生リスクを曝露要因や生活環境条件から解析し、遺伝多型との関連を調べる。
作用機構を考慮した複合曝露リスク評価手法を提案し、試算を行う。また、バイオアッセイ系を用いて複合曝露の相互作用について検討を加える。
変異原性と免疫毒性に係るバイオアッセイ手法を対象に実用化の観点から比較評価を行う。バイオアッセイと動物実験との比較実験を続ける。

課題代表者

中杉 修身