ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(1) 循環型社会への転換策の支援のための評価手法開発と基盤システム整備に関する研究(平成 15年度)
1. Studies on material cycles and waste management
(1) Development of assessment tools and information basis for supporting the transformation to a sustainable material cycling society

研究課題コード
0105PR011
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
資源循環, マテリアルフロー分析, 投入産出表, ライフサイクルアセスメント, 情報システム, 安全性評価
キーワード(英語)
MATERIAL CYCLES, MATERIAL FLOW ANALYSIS, INPUT OUTPUT TABLES, LIFE CYCLE ASSESSMENT, INFORMATION SYSTEM, SAFETY ASSESSMENT

研究概要

大量生産・大量消費・大量廃棄型といわれる現在の経済・社会から、循環型の経済・社会へ向けて舵が切られはじめたが、目指すべき到達点やそこに至るまでの具体的な方策の検討はまだ緒についたばかりである。こうした中、循環型社会のあり方を長期的な視点から見定めていくことの必要性及び当面の政策への対応という観点から、資源の循環利用に係るさまざまな技術や社会システムの得失を総合的に評価し、導入を図るべき手段を見極め、施策に反映させていくとともに、こうした評価の基礎となる情報基盤を整備し、資源循環の現状と問題点の的確な理解を支援することを目的とする。

全体計画

13年度マテリアルフロー勘定の設計、基礎情報整備、これに基づく指標開発に着手する。資源循環促進による環境負荷低減効果の評価にLCAを適用する際の問題点の検討、インベントリデータの収集に着手する。循環システムの地域適合性を診断するための手法の調査・整理、リサイクル材の地域流通に関する基礎調査を行う。リサイクル製品の利用状況の把握と安全性評価のための基礎的検討を行う。
14年度循環資源関連部門を細分化した物量投入産出表の構築、消費財に関連する材料のマテリアルフローの事例研究、マテリアルフローに基づく循環の指標の開発を進める。消費財のリサイクル促進による環境負荷低減効果評価の事例研究、政策手段導入による資源循環促進効果の分析手法の基礎的検討を行う。循環システムの地域適合性診断モデルの概念設計を行う。リサイクル製品の安全性評価のため、都市ごみ溶融スラグ、焼却灰、防腐剤含有廃木材等の有効利用法の検討とその化学性状を把握する。
15年度消費財・耐久財関連材料のマテリアルフローの事例研究を進める一方、マテリアルフロー勘定の枠組みの改良、マテリアルフローの把握に基づく「循環の指標」の改良を進める。消費財および耐久財のリサイクル促進による環境負荷低減効果評価の事例研究を進めるとともに、資源循環の促進策に係る経済的手段の導入効果の分析や資源循環の促進のための多様な政策手段について、基礎的検討を進める。循環システムの地域適合性診断モデルのサブモデル構築、事例研究地域のデータ収集に着手する。リサイクル製品に含まれる有害物質の挙動のモデル化、安全性測定法を開発する。
16年度マテリアルフロー勘定と生産波及モデルを用いて、循環産業の成長が他部門に及ぼす影響を分析する。廃棄物・循環資源に関するライフサイクル影響評価手法を資源循環促進効果の評価に適用する。前年度に開発したサブモデルを地域循環診断システムに統合する。リサイクル製品に含まれる有害物質の挙動のモデル化、人体暴露のモデル化、安全性評価法の開発を進める。
17年度産業連関表と連動した物量投入産出表の枠組みを確立し、主要原材料・循環資源のフローの体系的記述を完成させ、マテリアルフローに着目した循環型社会の達成度評価指標を提示する。廃棄物・リサイクル関連のLCA手法の標準的手法をまとめ、この手法を用いて資源循環促進による環境負荷低減効果を裏付ける。地域循環診断システムを用いて関係主体を交えた代替案評価を試行する。土壌・地下環境中および生活居住空間中でのリサイクル製品の安全性評価試験法を提案する。

今年度の研究概要

(1) 産業連関表を拡張し、廃棄物・循環資源関連部門の金銭・物量フローを無価物や逆有償物を含めて体系的に表現する枠組みを構築するとともに、諸統計・調査資料をもとに循環資源の発生・処理・処分・再利用に関するフローを示す数表の作成をさらに進める。経済活動全体についての物量産業連関表と、廃棄物・循環資源関連部門のより詳細なフロー分析表との結合に着手するとともに、代表的な物質についてのマテリアルフローの事例研究を進める。また、こうしたマテリアルフローの把握に基づく「循環の指標」について、適用対象の拡大を視野に入れた改良を進める。
(2) LCA手法を用いて、資源循環の促進による環境負荷の低減効果を評価するため、プラスチックなど代表的な物質のリサイクル技術に関するインベントリデータを引き続き収集するとともに、リサイクルにおける「配分問題」の扱いや、廃棄物処理・処分に伴う環境影響のLCAにおける評価手法の基本的枠組みを構築する。また、資源循環の促進策に係る経済的手段の導入効果の分析や資源循環の促進のため多様な政策手段について、基礎的検討を進める。
(3) 事例研究対象地域における資源循環に関連する地理情報等について、一般廃棄物を含めた調査を進める。また、この情報基盤を用いた循環資源の輸送モデル、品質的な需給マッチングモデルを開発し、品質変換技術の技術評価手法等の物流拠点の計画法の検討を開始する。さらに情報基盤を用いた循環度指標、LCA、ならびに投入産出表分析の適用を開始する。
(4) リサイクル製品の安全性の評価及び有効利用法について研究を進める。ごみ溶融スラグ、焼却灰、建設廃材などを利用したリサイクル製品の用途ごとの利用条件を踏まえた安全性試験法について、有害物質の挙動のモデル化、人体曝露のモデル化、再生製品の長期的劣化の再現手法などの観点から更に検討を進め、標準化のための基礎資料の提供に努める。同時に、炭化物ボード、焼却灰腐植化物など新たな利用技術、方法の開発を目指し基礎的、応用的研究を展開する。

課題代表者

酒井 伸一