ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

重点5. 東アジアの流域圏における生態系機能のモデル化と持続可能な環境管理(平成 15年度)
5. Research project on integrated environmental management aided by modelling of eco-system functions through the basin in East Asia

研究課題コード
0105SP051
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
東アジア, 流域圏, 生態系機能, 水循環変化, 水資源劣化, 環境資源劣化, 総合的流域環境管理
キーワード(英語)
EAST ASIA, THROUGH WATERSHED TO SEA, ECO-SYSTEM FUNCTIONS, CHANGE OF WATER CYCLE, DEGRADATION OF WATER RESOURCES, DEGRADATION OF ENVIRONMENTAL RESOURCES, COMPREHENSIVE WATERSHED ENVIRONMENTAL MANAGEMENT

研究概要

21世紀の日本及びアジア・太平洋地域における均衡ある経済発展にとって、森林減少、水質汚濁、水資源枯渇、土壌流出等の自然資源の枯渇・劣化が大きな制約要因となりつつある。こうした環境問題に対処するためには、環境の基本ユニットである『流域圏(山〜河川〜海)』が持つ受容力を科学的に観測・把握し、モデル化を行うことにより環境受容力の脆弱な地域を予測した上で、環境負荷の減少、環境保全計画の作定、開発計画の見直し、環境修復技術の適用等環境管理を行っていくことが最も必要である。本プロジェクトは、東アジアを対象として、流域圏が持つ生態系機能(大気との熱・物質交換、植生の保水能力と洪水・乾燥調節、水循環と淡水供給、土壌形成と侵食制御、物質循環と浄化、農業生産と土地利用、海域物質循環と生物生産など)を総合的に観測・把握し、そのモデル化と予測手法の開発を行うものである。

全体計画

平成15年度 : 流域圏が持つ生態系機能(植生の保水能力と洪水・乾燥調節、土壌形成と侵食制御、物質循環と浄化、農業生産と土地利用、海域物質循環と生物生産など)に関する個別モデルの構築を進める。
平成16年度 : 衛星モニタリングに支援された水圏−土壌圏−植生−大気圏での熱・水・物質収支モデルを開発する。
平成17年度 : サブモデルの統合化と想定シナリオに基づいた環境変化が環境資源に及ぼす影響と劣化対策を統合モデルより検討する。

今年度の研究概要

三峡ダムの締め切り後、ダム背後に形成されていく湛水域において、水質・生態系調査を実施する。特に、ダムに向かって懸濁物が沈降することによる湖水内で太陽光減衰率の変化、温度成層形成と水界生態系構造との関係について精査し、生態系モデルの基礎的知見を得る。
東シナ海への淡水供給量が増加する夏季に、河口域および東シナ海陸棚域において航海調査を実施し、河口から外洋域にかけての生態系構成種の遷移を把握する。また平成14年度に開発着手した栄養塩・微量金属類など環境負荷物質のキャラクタリゼーション手法を適用し、生態系構成種・生物現存量と環境負荷物質の存在形態の相互関連に関する検討を行う。
沿岸域における環境修復技術の影響・効果を自然干潟・人工干潟での調査から検討する。

備考

外国共同研究機関:
中国科学院地理科学与資源研究所:劉紀遠,庄大方
中国科学院遙感応用研究所 :昊秋華
中国華東師範大学資源環境学院:陳中原
中国水利部長江水利委員会:徐保華,翁立達

課題代表者

渡辺 正孝