ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

重点1. 地球温暖化の影響評価と対策効果
重点1-2 統合評価モデルを用いた地球温暖化のシナリオ分析とアジアを中心とした総合対策研究(平成 15年度)
1. A special core research project on climate change impacts and mitigation assessment
1-2 Studies on climate change scenarios and asia-focused comprehensive mitigation strategies based on integrated assessment models

研究課題コード
0105SP012
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
統合評価モデル,気候変動,シナリオ分析,持続可能な発展,GCM
キーワード(英語)
INTEGRATED ASSESSMENT MODEL, CLIMATE CHANGE, SCENARIO ANALYSIS, SUSTAINABLE DEVELOPMENT, GCM

研究概要

地球温暖化問題は今、新しい局面を迎えている。2010年に向けた対策の方針を定めた京都議定書が国際的に合意され、その達成が緊急の課題になっている。また、京都議定書以降2020年から2030年を目指した対策のあり方について、国際的な議論が始まっている。さらに、今後一世紀にわたる長期的な対策のあり方が問われている。
本研究は、経済発展・気候変動及びそれらの影響を統合的に評価するモデルを開発・適用して、京都議定書及びそれ以降の温暖化対策が地球規模の気候変動及びその地域的影響を緩和する効果を推計し、中・長期的な対応方策のあり方を経済社会の発展の道筋との関係で明らかにするとともに、これらの対応方策をアジア地域の持続可能な発展に融合させる総合戦略について検討することを目的とする。

全体計画

主要モデル開発に着手,排出シナリオの整理,ベースライン気候シナリオの作成,適応モジュール開発,戦略的DBデザイン (13年度)
統合モデル開発に着手,アジアの発展シナリオ/排出シナリオの精緻化,エアロゾルモデル改良,気候モデルの精緻化,各種影響の予測,戦略的DB基本部分開発(14年度)
各種モジュールの精緻化と統合,対策シナリオの作成,地域気候シナリオの精緻化,各種影響予測の精緻化,戦略的DB詳細開発(15年度)
基本モデルの途上国移転,イノベーション導入の効果分析と対策シナリオ修正,フィードバックを含めた気候シナリオの精緻化,各種影響予測の精緻化,戦略的DBの改良(16年度)
詳細モデルの途上国移転,アジア主要国の経済政策と気候政策の統合の評価,不確実性の総合評価,影響予測による気候変動許容水準の評価,戦略的DB途上国移転(17年度)

今年度の研究概要

社会経済・排出モデルの開発については、主要な社会経済モデル及び温室効果ガス排出モデルを開発・統合するため、特に、世界経済モデル、環境産業分析のための経済モデル、及び二酸化炭素以外の温室効果ガスの排出モデルを開発するとともに、これらを適用してアジア主要国における経済発展と温暖化対策との関係を分析する。また戦略的データベースを改良する。
気候モデルの開発については、20世紀を対象として、収集した各種温室効果気体および各種エアロゾルソース排出データを全球三次元気候モデルに与えて、過去100年の気候の再現実験を実施し、気候モデルの検証を行うとともに、過去100年の気候変動の機構の理解に資する。また、気候変化の影響に資するための地域機構モデルの開発を継続する。
影響モデルの開発については、昨年度までに開発した温暖化の水資源影響モデルを用いて、とくにアジア地域における将来の発展シナリオに基づき予測し、発展状況と水不足リスクの関係を定量的に評価する。また、水資源問題が深刻化する地域における農業影響も考慮して水食料から見た安全保障について予測する。さらに、予測される温暖化影響を経済的に緩和するための適応対策のデータベース化と対策データベースに基づく適応対策評価手法を開発して、問題地域への適用を検討する。

課題代表者

森田 恒幸