ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

グローバル水循環系におけるリン・窒素負荷増大とシリカ減少による海洋環境変質に関する研究(平成 14年度)
Study on marine environmental deterioration due to increase of phosphorus and nitrogen and decrease of silica in the global water cycle

予算区分
BA 環境-地球推進 D-3
研究課題コード
0204BA383
開始/終了年度
2002~2004年
キーワード(日本語)
グローバル水循環系,大規模ダム,N・P/Si比,ケイ藻類/非ケイ藻類バイオマス比,シリカ欠損
キーワード(英語)
GLOBAL WATER CYCLE,LARGE DAM,N・P/SI RATIO,DIATOM/NON-DIATOM RATIO,SILICA DEFICIENCY

研究概要

地球規模の水系に対するリン(P)、窒素(N)の負荷が増大している。一方、大規模ダムの建設等により停滞水域が増え、そこでの陸水性ケイ藻の吸収・沈降により自然の風化作用によるケイ素の流下は減りつつある。このため沿岸海域で、シリカを必要とするケイ藻類よりも非ケイ藻類が有利になり、生態系の基盤が変質するといわれる(シリカ欠損仮説)。赤潮や水産物の毒化を通じて人間の健康に害を及ぼす有害微細藻類は、概ね後者の非ケイ藻類によって起こるものである。本研究課題では、この仮説を検証し、シリカ欠損の実態把握と海域の生態系への影響評価を行うことを目的とする。

全体計画

上記の研究ニーズに対応するため、国立環境研究所が課題代表となり、計6研究機関が手法およびモデル水域を分担して、シリカの減少過程とそれが海域の生態系に及ぼす影響を評価する。すなわち、いくつかの範疇別の水系(上流河川→停滞水域→下流河川→河口・沿岸海域)で、どのような過程、時空間規模でシリカが欠損し、それに対して沿岸海域の生態系がどのように応答して変質しているかのメカニズムを、時系列観測、培養実験、生態系モデルにより明らかにする。さらに、これらの過程を研究当事者以外にも開かれた簡略な評価モデルに集約する。

今年度の研究概要

河川水質データを収集し、それらの電子化・データベース化を行って、水系ごとのシリカ欠損過程のモデル化の準備を行う。また、琵琶湖-淀川-東部瀬戸内海域を1つのモデル水系とし、季節変動に対応する時系列変化を明らかにすることに重点をおき、リン、窒素、シリカの増減と植物プランクトン群集の変化を計測する。さらに、共同研究機関の研究結果を総合化して影響評価モデルを確立するための準備を行う。

備考

国立環境研究所が課題代表となり、水産総合研究センター, 滋賀県立大学, 信州大学, 岡山大学, 九州大学からなる計6機関の共同研究課題とする。

課題代表者

原島 省

担当者

  • 中村 泰男