ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

複雑市街地における局所高濃度大気汚染の発生とその予測に関する研究(平成 14年度)
Studies on local high concentration along urban roadways

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE216
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
局所高濃度,沿道,ストリートキャニオン
キーワード(英語)
LOCAL HIGH CONCENTRATION,ROADWAY,STREET CANYON

研究概要

沿道の大気汚染濃度分布は、周囲の建築状況や気象条件、交通量などによって変化する。従って、最適の位置で沿道大気汚染観測を行うためには、実測や風洞実験などを行って濃度の分布状況をあらかじめ把握しておく必要がある。本研究の目的は、手間のかかる予備調査を行わずに良好な観測位置を定めるためのガイドラインを提示することにある。このために、実市街地の縮尺模型や単純な形に理想化した市街地模型(街区模型)などを用いた風洞実験を行う。そして、常時観測データと風洞実験の結果から沿道における風の流れと大気汚染物質の拡散の関係を明らかにし、沿道大気汚染濃度の簡易予測手法を提案することを目標とする。

全体計画

実市街地の縮尺模型を用いた風洞実験を行い、実市街地における濃度分布の現状と問題点をを把握する。(13年度)
実市街地の縮尺模型を用いた風洞実験の事例を積み重ね、さらに、街区模型を使った風洞実験を行う。これらの結果より、個々の道路構造要素と沿道の流れ場・拡散場との関連を明らかにする。(14年度~16年度)
道路幅、周辺建物高さおよび交通量などの事前に入手しうる情報から、沿道大気汚染濃度分布を実用精度で予測する手法を提案する。(17年度)

今年度の研究概要

実市街地の縮尺模型を用いた事例研究の結果明らかになった高架道路の存在影響について、さらに詳しく調べるために、市街地を単純な形状でモデル化した街区模型を使った風洞実験を行う。これによって、道路幅や沿道周辺の建物高さ、大気安定度などと沿道大気汚染濃度分布状況との関連についてのデータを蓄積する。

課題代表者

上原 清

担当者

  • 若松 伸司