ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌かく乱化学物質の脳・神経系への影響評価に関する研究(平成 14年度)
MRI, behavioral and neurochemical study on the effect of endocrine disrupting chemicals on the nervous system.

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA167
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
脳機能,NMRイメージング,行動科学,神経生化学
キーワード(英語)
BRAIN FUNCTION,NMR IMAGING,BEHAVIOR,NEUROCHEMISTRY

研究概要

環境ホルモン化学物質がヒトの脳・神経系に影響を与えるのではないかとの懸念がある。本研究はこれらの化学物質の脳・神経系への影響を評価するための測定・解析手法の開発を目的とする。このため、ヒトや実験動物を対象とする超高磁場MRI測定法の研究、実験動物を用いる行動試験、神経生化学的試験法の評価と体系化を行い、環境ホルモン化学物質が脳・神経の機能や代謝に及ぼす影響の評価法を整備することを目標とする。

全体計画

超高磁場MRI装置の送受信系の整備と信号検出器の開発、および環境ホルモン類を投与した実験動物の行動試験、神経生化学試験法の検討を行う(平成13年度)。
超高磁場MRIを用いるヒト脳の形態画像診断を開始する。また、実験動物の行動試験、神経生化学試験法の研究を実施する(平成14年度)。
超高磁場MRIを用いる脳代謝機能測定法の開発と、行動試験、神経生化学試験法の体系化を行う(平成15年度)。
超高磁場MRIを用いる脳機能画像法の開発と、行動試験、神経生化学試験法の新たな環境ホルモン化学物質への適用を図る(平成16年度)。
超高磁場MRIを用いるヒト脳の代謝、機能画像の測定と、行動試験、神経生化学試験法の新たな環境ホルモン化学物質への適用を行う(平成17年度)。

今年度の研究概要

超高磁場MRIを用いる脳の形態画像測定をヒトに適用し、測定条件の最適化を図る。実験動物を用いた研究では、神経化学物質や、甲状腺ホルモン阻害剤、環境ホルモンや有機スズ等を投与し、行動試験、神経生化学試験、代謝解析を行う。

課題代表者

三森 文行

担当者