ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生物多様性情報学基盤の先導的構築(平成 14年度)
Initiative on biodiversity information facility

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
0103CB369
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
生物多様性,データベース,情報処理
キーワード(英語)
BIOINFORMATICS,BIODIVERSITY,GLOBAL BIODIVERSITY INFORMATION FACILITY,GBIF,SPECIES 2000

研究概要

生物多様性に関する分類学情報を、分類体系に依存しないデータベース構造を用いて標本と正確な同定に基づいて格納し、地球規模の生物多様性に関わる情報へのアクセスを保証するとともにそれらの情報を解析する。

全体計画

分類体系に依存しないデータベース構造をもちいて、変遷の著しい学名を標準化するためのシステムを構築し、学名データベースと博物館、植物園に保存された標本のデータベースに適切な関連性をもたせたネットワーク分散型のデータシステムを構築する。国際的なデータ共有プロジェクト(GBIFなど)と連携をはかり、生物多様性にかかわる諸外国のデータベースへの適切なデータ参照を提供するシステムを実装し公開する。

今年度の研究概要

国内の博物館・植物園に保存されている標本に関するデータを収集・整理・格納するとともに、平成13年度に試作したシステムの運用を開始する。アジアオセアニア地域の生物多様性情報構築ならびにデータ参照を実現するために、マレーシアにおいて生物多様性条約横断的プログラムである「世界分類学イニシアティブ」の地域ワークショップを開催し、アジア地域の生物多様性情報の参照について検討する。

備考

共同研究者:松浦啓一(国立科学博物館), 馬渡駿介(北海道大学), 伊藤希(筑波大学)
伊藤元己(東京大学), 戸部 博(京都大学), 北山兼弘(京都大学), 遊磨正秀(京都大学)
湯本貴和(京都大学), 戸田正憲(北海道大学), 山根正気(鹿児島大学),
中静透(総合地球環境学研究所)

課題代表者

志村 純子