ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

浅い富栄養湖沼のひとつの安定系モデル「水生植物系」を成立させる要因の解析(平成 14年度)
Factors to change two alternative systems, macrophyte-rich and macrophyte-free in shallow lakes

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0102CD208
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
富栄養湖沼,水生植物,ふたつの安定系の移行
キーワード(英語)
MACROPHYTE,ALTERNATIVE EQUILIBRIUM,MARBLE-IN-A-CUP MODEL,EUTROPHIC LAKES

研究概要

浅い湖沼において、水生植物が繁茂している系と水生植物がない系、おのおのの系での生物群集と環境要因の関係および物質循環の違いを明らかにする。

全体計画

水生植物帯が水環境とプランクトン群集に及ぼす定性的な影響を明確にする(平成13年度)。
さらに、窒素とリンに着目して量的な影響評価を行い、最終的に浅い湖沼での水生植物帯が果たす役割を評価する(平成14年度)。

今年度の研究概要

植生の異なる池沼を対象とし、水生植物帯の有無により栄養塩収支がどのように異なるかを測定する。

課題代表者

高村 典子

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 学術博士
  • 生物学
portrait