ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

焼却処理におけるダイオキシン類発生量予測指標に関する研究(平成 14年度)
Research on estimation of dioxins emission in incineration of solid wastes

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
0102AG237
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
ダイオキシン類,焼却,生成機構,発生量予測
キーワード(英語)
DIOXINS,INCINERATION,FORMATION MECHANISM,ESTIMATION OF EMISSION

研究概要

廃棄物焼却におけるダイオキシン類生成は燃焼部と排ガス処理部の2カ所で起こっており、それぞれに対策が必要である。省エネルギー、省資源の観点から、焼却物からのダイオキシン類発生量を事前に予測できれば、より低コストでの焼却処理が可能となる。本研究では、ダイオキシン類生成の基本要素に関する基準データを計測し、ダイオキシン類の生成要因を明らかにする。さらにダイオキシン類の発生を最小限に抑制するための発生要素除去対策とダイオキシン類発生予測の簡易指標についても検討を行う。

全体計画

13年度 自然物からのダイオキシン類生成量の測定。塩素とダイオキシン量との相関。
14年度 排ガス処理部でのダイオキシン類生成機構の解明。発生量予測指標の提案。

今年度の研究概要

家庭生ゴミの焼却によるダイオキシン類発生量を測定し、発生要因を解明する。焼却炉内での塩素のメモリ効果をさらに詳しく調べるための実験を行う。さらに排ガス処理過程でのダイオキシン類再合成機構を解明するために、小型焼却炉での燃焼実験と電気炉と石英管を使った実験を平行して行う。2年間の実験データを解析し、焼却におけるダイオキシン類生成要素を明らかにすると共に、生成量の予測指標について考察する。

備考

研究は岐阜県生物産業技術研究所との共同研究で進められ、小型炉での燃焼実験は岐阜県内の実炉を使って行われる。

課題代表者

安原 昭夫