ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境発がんにおけるメタロチオネインの生理学的意義(平成 14年度)
Physiological meaning of metallothionein in the environmental carcinogenesis

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0002CD066
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
環境発がん,メタロチオネイン,遺伝子欠損マウス,
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL CARCINOGENESIS,METALLOTHIONEIN,KNOCK-OUT MOUSE

研究概要

ヒトにおける発がんの原因として、多種類の有害化学物質による環境発がんが問題となっており、環境発がん抑制の研究はがんの予防のために重要な研究課題である。そこで、本研究では、重金属解毒作用および抗酸化作用を有するメタロチオネインのI型とII型の発現を抑えたメタロチオネイン遺伝子欠損マウスを用いて、環境発がん抑制因子としてのメタロチオネインの重要性を明らかにすることを目的とする。

全体計画

7,12-dimethylbenz(a)anthracene (DMBA)/12-O-tetradecanoyl phorbol-13-acetate (TPA)二段階皮膚発がんに対するメタロチオネインの防御効果を明らかにする。(12年度)
種々の化学発がん物質による発がん性およびDNA損傷に対するメタロチオネインの防御効果を明らかにする。(12年度~14年度)
以上の結果を踏まえて、化学発がん抑制因子としてのメタロチオネインの役割を総合的に評価する。(14年度)

今年度の研究概要

メタロチオネイン遺伝子欠損マウスおよびその野生型マウスに種々の化学発がん物質をそれぞれ投与して、各臓器での腫瘍発生の有無並びにDNA損傷を両マウス間で比較する。この時、がん関連遺伝子の発現および変異の有無についても両マウス間で比較検討する。また、3年間の実験結果を踏まえて、化学発がん抑制因子としてのメタロチオネインの役割を総合的に評価する。

課題代表者

遠山 千春