ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

衛星観測による酸素分子Aバンドデータからの気温・気圧の高度分布導出に関する研究(平成 14年度)
Temperature and pressure retrievals from molecular oxygen A band data by satellite observations

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0002AE162
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
衛星観測,ILAS,ILAS-II,可視チャンネル,気温,気圧
キーワード(英語)
SATELLITE,REMOTE SENSING,ILAS,ILAS-II,VISIBLE CHANNEL,TEMPERATURE,PRESSURE

研究概要

衛星からの大気リモートセンシングによって、成層圏・中間圏の大気温度・気圧の情報を得ることは、そこでの気温トレンド解析等を行う上で非常に重要である。大気組成変動の影響は、対流圏よりもむしろ成層圏の気温に敏感に反映されると考えられている。これまでの二酸化炭素の放射吸収を利用した手法よりも高精度な観測が要求される。本研究では、衛星搭載センサーILASおよびILAS-IIから観測される酸素分子の大気バンドを利用した気温・気圧導出の高精度化を目的とする。
12年度 ILAS気温気圧データのデータ質検証
13年度 ILAS/ILAS-II気温気圧リトリーバルアルゴリズムの高度化
14年度 ILAS-II気温気圧データのデータ質検証

全体計画

ILAS分光器の装置パラメータの評価および感度解析(12年度)
ILAS-IIシミュレーションデータによる感度解析(13年度)
ILAS-II分光器の装置パラメータの評価、検証データとの比較研究(14年度)

今年度の研究概要

ILAS-II気温気圧リトリーバルアルゴリズムの最終評価を行ない、本年度冬期から運用が始まるILAS-IIデータの装置パラメータ評価を行う。

課題代表者

杉田 考史

  • 地球環境研究センター
    地球大気化学研究室
  • 主任研究員
  • 理学
  • 地学
portrait

担当者