ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

降水・降下物・大気中の放射性核種の挙動に関する研究(平成 14年度)
Studies on the behavior of radio nuclides in rainfall,deposition and atmosphere.

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0002AE116
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
放射性核種,降水,降下物,エアロゾル
キーワード(英語)
RADIO NUCLIDE,RAINFALL,DEPOSITION,AEROSOL

研究概要

地表土壌と大気中に存在する地殻起源の天然放射性核種であるPb-210、Pb-212と主に成層圏を起源とする宇宙線生成核種のBe-7と大気圏核実験由来のCs-137の降水、降下物、大気中濃度から、これらの核種の挙動を明らかにして放射性物質や環境汚染物質の輸送、拡散のメカニズムの解明を行う。

全体計画

(平成13年度まで)つくばにおける降水、降下物、大気中のBe-7,Pb-210,Pb-212濃度とその季節変化の長期観測をもとにして、中国大陸内陸部各地と日本への大気輸送過程の途中に位置する韓国ソウルにおいて大気中Pb-210濃度の観測を行う。海上濃度レベルの知見を得るために西太平洋上の観測を行う。
(平成14年度)中国大陸から日本列島へ到来する大陸性気団とエアロゾルに付着して存在する大陸由来の汚染物質の輸送・拡散等の影響の推定を行う。

今年度の研究概要

1)Pb-210, Pb-212, Be-7, Cs-137、その他の降水、降下物及びエアロゾル中の放射性核種濃度の測定を行い、これらの環境中での挙動を明らかにする。
2)環境中の放射性核種を用いた東アジアにおける環境汚染物質等の物質循環を検討する。

課題代表者

土井 妙子