ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

重点6. 大気中微小粒子状物質(PM2.5)・ディーゼル排気粒子(DEP)等の大気中粒子状物質の動態解明と影響評価(平成 14年度)
6. Study on environmental behaviour and health effects of PM2.5・DEP

研究課題コード
0105SP061
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
PM2.5, DEP, 大気中微小粒子状物質, 健康影響
キーワード(英語)
PM2.5, DEP, AIRBORNE FINE PARTICULATE MATTER, HEALTH EFFECTS

研究概要

大気中の粒子状物質が人の健康に与える影響に関して,PM2.5と呼ばれる微小成分がとくに有害と疑われることが米国を中心とした疫学調査により報告されている。我が国においても大気浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準が未達成の地域が多く,特にディーゼル車排ガスの影響を強く受ける沿道地域における大気環境の改善が緊急の課題となっている。発がん性を中心としたディーゼル排気粒子(DEP)の健康リスク評価は国際的,国内的にも一定の結論が得られており,発生源対策も進みつつあるが,対策効果の評価に当たっては,発生源と環境濃度・曝露量との定量的な関連性把握が必須である。一方,SPMやPM2.5の発生源としては人為起源と自然起源とがあり,発生源から直接排出される一次生成エアロゾルと,ガス状物質が環境大気中において物理的・化学的な変化を受けて生成する二次エアロゾルが混在する。この生成と変化には硫黄酸化物,窒素酸化物,有機化合物(VOC)等のガス状物質が複雑に関与しており,反応と気象の影響を同時に受ける。このため,実フィールドにおける知見を基に,生成メカニズムを解明しなければならない。さらに,我が国におけるPM2.5の健康影響に関する知見の蓄積は不十分であり,疫学,毒性学の両面からその影響の程度,メカニズム等を明らかにする必要がある。また,重量濃度だけでなく,超微小粒子の個数にも注目すべきとの問題提起もなされている。 こうした背景を踏まえ,本プロジェクトでは,都市大気中におけるPM2.5やDEPを中心とした粒子状物質による大気汚染の動態解明と健康影響の評価のために,ディーゼル自動車をはじめとする都市大気汚染の発生源の実態解明,測定方法とくに微小粒子の物理・化学的性状の測定方法の開発,排出後のガス・粒子の環境大気中での挙動の解明,動物曝露実験による閾値の推定等に関する要素研究を行うとともに,とくにDEPに着目してフィールド調査を重視した測定方法の高度化を進めるとともに発生から人への曝露までを総合した評価モデルを構築し,発生源対策シナリオごとの健康影響低減効果の定量的予測手法を構築することを目的とする。

課題代表者

若松 伸司