ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

南北両半球におけるVOC(揮発性有機化合物)のベースラインモニタリング (平成 13年度)
Background Monitoring of VOCs in the Atmosphere

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0105AF045
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
VOC, バックグラウンド, 有機ハロゲン化合物, 有機硫黄化合物
キーワード(英語)
VOC, BACKGROUND, HALOGEN-COMPOUNDS, SULFUR-COMPOUNDS

研究概要

自然生態系から放出される微量有機物質には、成層圏オゾン破壊物質(塩化メチル・臭化メチル)や雲凝結核の前駆物質(DMS)などが含まれるため、気候変動による生態系の変化はこのようなVOCの増減を介して地球環境にフィードバックをもたらす可能性が高い。しかしながら、人為起源物質であるフロン、代替フロン類を除くとVOCのバックグラウンド濃度の観測例は極めて少ない。本研究では、南北両半球の代表的バックグラウンドステーションであるアラートとケープグリムにおいて塩化メチルを始めとする自然起源VOCの定期観測を行い、それらの季節変動・長期トレンドを把握する。これによって各VOC濃度の今後の変動予測を可能にすると共に、将来的には大気観測からVOC発生源である自然生態系の変動を検出することを目指す。

全体計画

平成13年度 アラート、ケープ・グリムにおいて塩化メチルほか20種のVOCモニタリングを開始する  
平成14年度 低濃度VOCのキャリブレーションシステムを確立する、アラート、ケープ・グリムにおけるベースラインモニタリングを継続する
平成15年度 低・中緯度におけるバックグラウンドVOC濃度変動を解析する、アラート、ケープ・グリムにおけるベースラインモニタリングを継続する
平成16年度 自然生態系の変動が大気中VOC濃度にもたらす影響を解析する、アラート、ケープ・グリムにおけるベースラインモニタリングを継続する
平成17年度 VOCについて半球規模のトレンドを解析する、アラート、ケープ・グリムにおけるベースラインモニタリングを継続する、前年度までに得られた知見を基にVOC濃度の将来予測とその影響を評価する

今年度の研究概要

(1) 北極域のアラート(北緯82度、西経62度)および南半球のケープグリム(南緯41度、東経145度)において、2週間に1回の大気サンプリングを実施する。(それぞれカナダ/Environment Canada、オーストラリア/CSIROの協力を得る)
(2) 低温濃縮/GC/MSシステムを用いて、大気試料中のハロゲン化メチル(塩化メチル、臭化メチル、ヨウ化メチル)、代替フロン(HCFC142b, HCFC141b, HFC134a他)を含む20種類のVOCsを高精度に測定する。
(3) 自然起源VOCについては、山岳地である八方岳、北西太平洋、亜熱帯の波照間における観測結果と合せて、その濃度変動要因の解析と発生源に関するデータの集積を行う。

備考

[外国共同研究機関]
カナダ・Atmospheric Environment Service
オーストラリア・CSIRO

課題代表者

横内 陽子