ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

微細藻類の多様性に及ぼす環境ストレスの影響 (平成 13年度)
Effects of environmental stresses on microalgal diversity

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE133
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
微細藻類, 遺伝的変異, 地理的分布, 環境ストレス, 除草剤耐性, 環境要因
キーワード(英語)
MICROALGAE, GENETIC VARIABILITY, GEOGRAPHIC DISTRIBUTION, ENVIRONMENTAL STRESS, ENVIRONMENTAL FACTOR

研究概要

微細藻類は一次生産者として水界の食物網を支える重要な生物群であると同時に、有用物質の生産や有害物質の分解などにかかわる種を含む重要な潜在的遺伝子資源でもある。 微細なため細胞数としては莫大な数に増加するが、増加は主として栄養増殖によるため、遺伝的変異は乏しい可能性がある。そこで、微細藻類の遺伝的変異と遺伝子交流の程度を調べ、微細藻類の多様性が、人間活動に伴う急激な環境変化にどの程度脆弱なのか、あるいは頑健なのかを明らかにする。

全体計画

13年度は、既にほぼ目途がついているマイクロサテライトのプライマー配列を決定する。                             
14年度以降は、国内のいくつかの集団について、マイクロサテライトの変異を比較し、遺伝子交流の有無を解析する。また、増殖に及ぼすカルシウムの影響や除草剤耐性などを測定し、適応形質の変異と環境ストレスの関係を明らかにする。

今年度の研究概要

生活史が制御でき、分布域も知られている接合藻ミカヅキモ(Closterium ehrenbergii)をモデル生物として、その集団内変異の分析手法の開発を行う。

課題代表者

笠井 文絵