ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌攪乱化学物質による脳機能障害の分子機構の解明 (平成 13年度)
Molecular mechanism of the effects of environmental hormones on neuronal functions

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA191
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
環境ホルモン, 脳機能障害
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL HORMONES, NEURONAL DYSFUNCTIONS

研究概要

今日の社会的問題となっている内分泌攪乱化学物質が、脳神経系の機能に影響を及す可能性が指摘されてきているが、その詳細については不明なところが多い。例えば、注意力欠陥多動性障害の子供が近年増えており、その原因に内分泌攪乱化学物質の影響を原因とする説が唱えられている。内分泌攪乱化学物質が子供の脳が最も発達する時期である妊娠中や授乳期に子宮内暴露や母乳により、子供の体内に入って危険がもたされている可能性が指摘されている。また、注意力欠陥多動性障害にはド−パミン輸送体に作用する「リタリン」という薬剤が有効であることから、注意力欠陥多動性障害の子供のド−パミン輸送体遺伝子を調べたところ、この遺伝子異常が高率に出来していることが明らかになった。ド−パミンという神経伝達物質の正常な伝達が、遺伝子異常あるいは内分泌攪乱化学物質などによる攪乱で妨げられている可能性がある。そこで、本研究では広範性発達障害モデル動物(学習障害/多動障害モデル動物)を作製し、内分泌攪乱化学物質が広範性発達障害の原因物質であるかどうかを調べるとともにそれらの脳機能障害の機序を分子レベルで解析することを研究目的とする。

全体計画

-

今年度の研究概要

広範性発達障害モデル動物の作製生後5日齢のラットにドーパミンを投与し体内ドーパミンを枯渇させ、その後、経時的に自発運動量を測定し、行動異常を起すモデル動物を作製する。広範性発達障害モデル動物における遺伝子発現の変化をマイクロアレー法により同定する。コントロールラット脳及び疾患モデルラット脳よりRNAを抽出し、マイクロアレー法により遺伝子発現に変化がないかどうかを調べる。

備考

増尾好則氏(産業技術総合研究所 生命工学工業技術研究所 特許生物寄託センター)を共同研究員とする。

課題代表者

石堂 正美

  • 環境リスク・健康研究センター
    統合化健康リスク研究室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 理学
portrait