ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

野生生物の生殖に及ぼす内分泌かく乱化学物質の影響に関する研究 (平成 13年度)
Effects of Environmental Hormones to the Reproduction of Wildlife in Japan

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA166
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
野生生物, 生殖, 内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)
キーワード(英語)
WILDLIFE, REPRODUCTION, ENVIRONMENTAL HORMONES (ENDOCRINE DISRUPTORS)

研究概要

我が国に生息する巻貝類、淡水魚類、海産魚類、鳥類などの野生生物における個体数減少、性比の変化あるいは生殖器の奇形などの生殖に関する種々の異常の有無並びにその程度について多角的に検討し、何らかの異常が認められる場合にはそれがその種の個体群に及ぼす継世代的影響を推定して評価するとともに異常をもたらした原因の究明に努める。

全体計画

平成13年度 アワビ類を対象とした内分泌かく乱に関する全国規模の調査を実施する。また環境ホルモンをアワビ類に曝露させる室内実験を実施する。霞ヶ浦のワカサギやヒメタニシ、東京湾のコノシロ等に対する内分泌かく乱実態調査も実施する。 
平成14年度 巻貝類を対象とした調査のほか、霞ヶ浦や東京湾をフィールドとした魚類の内分泌かく乱実態調査を継続し、知見の蓄積に努める。 
平成15年度 アワビ類における内分泌かく乱の全国調査及び室内実験の諸結果を解析することにより、アワビ資源の減少に対する内分泌かく乱の寄与を推定する。 
平成16年度 鳥類における個体数減少や性比の変化などについて調査し、何らかの異常が認められる場合にはそれがその種の個体群に及ぼすであろう影響について検討する。 
平成17年度 前年度までに得られた知見に基づき、我が国に生息する野生生物における内分泌かく乱の実態とそれが個体群に及ぼす影響に関する総合的評価を試みる。

今年度の研究概要

アワビ類を対象に、生殖巣の病理組織学的観察と化学分析を中心とした内分泌かく乱に関する全国規模の実態調査を実施する。また環境ホルモンとして有機スズ化合物を取り上げ、アワビ類に流水式曝露実験を実施する。また霞ヶ浦のワカサギやヒメタニシ、東京湾のコノシロ等に対する内分泌かく乱の実態解明を目指したフィールド調査も実施する。

課題代表者

堀口 敏宏

  • 環境リスク・健康研究センター
    生態系影響評価研究室
  • 室長
  • 博士(農学)
  • 水産学,生物学,解剖学
portrait

担当者

  • 白石 寛明環境リスク・健康研究センター
  • 白石 不二雄
  • 高木 博夫
  • 鑪迫 典久