ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

残留性有機汚染物質(POPs)を含む廃棄物処理に関する調査研究(平成 13年度)
Hazardous Waste Management on Persistent Organic Pollutants (POPs)

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0103BY306
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
残留性有機汚染物質(POPs), 排出実態調査, 適正処理, 処理基準
キーワード(英語)
PERSISTENT ORGANIC POLLUTANTS (POPS), ACTUAL DISCHARGE INVESTIGATION, APPROPRIATE TREATMENT, TREATMENT STANDARDS

研究概要

残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約やわが国のPCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法など、最新の国際、国内動向を踏まえながら、POPs廃棄物の排出実態の把握や処理基準の策定等を進めるために必要となる科学的知見の収集整理や調査検討を行うことにより、POPs廃棄物の適正処理の推進に資することを目的とする。

全体計画

13年度:(1)POPs発生源に関する調査を行い、POPsの諸物性等に関する知見を整理する。(2) ヘキサクロロベンゼンなどの非意図的生成POPsの存在に関する実態調査を行う。(3) POPs廃棄物(埋設農薬を中心とする)の収集、運搬、保管方法についての技術的な留意事項の整理を行う。
14年度:(1) 物質循環・廃棄過程におけるPOPs存在に関する調査を行い、環境環境媒体別の存在・排出レベルとの関係についての知見を整理する。(2) 物質循環・廃棄過程における非意図的生成POPs等の現存量推定を行う。(3) POPs廃棄物の処理処分基準についての技術的な留意事項の整理を行う。
15年度:(1)現時点ではPOPs条約対象外であるが重要な化学物質について上記と同じ手法論を適用した研究調査を行う。(2)  POPs廃棄物処理の維持管理に係るモニタリング方法の検討及びPOPs廃棄物処理後の環境影響を調査するための管理モニタリング手法について基礎的事項の検討を行う。

今年度の研究概要

(1) POPs発生源に関する文献調査: (1)POPs条約が規定している12物質を調査対象物質とし、物理化学特性、環境挙動物性の調査・整理を行う。(2)各種環境媒体へのPOPsの排出インベントリの文献調査を行う。(3)POPs廃棄物の適正分解処理技術、並びに廃棄物の再生・処理・処分過程におけるPOPs排出に係る分析、モニタリング等の整理・検討を行う。                                        
(2) 非意図的生成POPs等の存在に関する実態調査を行う。(1)非意図的生成POPs等(主にHCBを対象とする)について、POPsのインプット、施設内での物質挙動、排出量を測定、調査する。
(3) POPs廃棄物(埋設農薬を中心とする)について把握した物理化学特性、環境挙動物性を踏まえ、その廃棄物としての収集、運搬、保管にあたり留意すべき技術事項について、情報収集、整理を行う。

備考

環境省廃棄物・リサイクル部からの受託調査研究として実施。

課題代表者

酒井 伸一

担当者

  • 野馬 幸生
  • 滝上 英孝