ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

鉛フリー化電子機器廃棄物から新たに予想される金属汚染の土壌微生物群集への影響評価 (平成 13年度)
Impact Assessment of Newly Metal Pollution from Lead-Free Electronics Wastes on Soil Microbial Community

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0102AF115
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
廃棄物, 鉛フリー, 金属汚染, 壌微生物, ビスマス, 影響評価
キーワード(英語)
WASTE, LEAD-FREE, METAL POLLUTION, SOIL MICROORGANISM, BISMUTH, IMPACT ASSESSMENT

研究概要

鉛の生物毒性に対する懸念から、電子・電気関連メーカーでははんだなどのこれまで鉛を用いてきた素材が鉛フリーの新素材へと移行しつつある。しかし、代替される鉛フリー新素材中の新規構成金属元素が、廃棄物という形態を経由して土壌環境中に放出された場合の影響の検証は十分蓄積されてはいない。本研究では、新規構成金属元素の中でも知見のきわめて少ないビスマスなどが土壌を汚染した場合におこる土壌微生物群集への影響を中心に検証・評価していくことを目的とする。

全体計画

-

今年度の研究概要

新たな汚染が予想される金属元素を含む化合物を土壌へ添加・培養する。培養後および培養期間中の土壌を用いて、T)土壌微生物バイオマス量(炭素量もしくは窒素量換算として)を測定する、U)土壌呼吸活性(二酸化炭素放出速度)および各種酵素活性を測定するとともに、土壌中に既存もしくは添加された各種有機物の分解や蓄積パターンに与える影響評価を行う、V)16S-rDNAなどを用いた土壌微生物群集構造解析から(細菌群集や糸状菌群集)、その多様性への影響評価を行う。また、実際の土壌断面を想定した小型土壌カラム試験もあわせて行い、土壌断面鉛直方向別にみた金属元素の土壌微生物群集への影響評価も行う。土壌は日本における分布面積を考慮した代表的な5〜6種類(型)を用いることとする。

課題代表者

村田 智吉

  • 地域環境研究センター
    土壌環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (農学)
  • 農学,地学
portrait