ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

電磁界の生体影響評価に関する研究 (平成 13年度)
Mechanisms of effects of electromagnetic fields on biological systems

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0102AF189
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
電磁界, 生体影響, メラトニン, 抗癌作用
キーワード(英語)
ELECTROMAGNETIC FIELD, BIOLOGICAL EFFECTS, MELATONIN, ONCOSTAT

研究概要

高圧送電線などに由来する生活環境中の電磁界の発癌性については、約20年にわたり議論されてきている。疫学研究では、小児白血病や乳癌について否定できないリスクが示唆されている。一方、動物実験では、発癌性が確認できないという報告が多いが、乳癌由来培養細胞の実験では、細胞増殖への磁界の影響が観察されている。そこで、本研究では電磁界感受性の乳癌培養細胞を用いて、電磁界の生体に対する影響の分子基盤を解明することを、研究目的とする。

全体計画

-

今年度の研究概要

電磁界感受性ヒト乳癌培養細胞を用いて以下の実験を検討する。
1.メラトニンの情報伝達機構を構成している因子が電磁界の影響を受けるかどうかの検討。構成成分としては、メラトニン受容体(結合活性)、G蛋白質(GTPase活性とADPリボシル化)、及びアデニレートサイクレース(酵素活性)に主眼を置く。                                                                                                                                                                                                                          2.エストロジェンの作用に電磁界の影響があるかどうかの検討。
1) エストロジェンの細胞増殖能に対する電磁界の影響を調べる。            
2) エストロジェンの転写レベルでの作用に対する電磁界の影響を調べるために、エストロジェン応答遺伝子を利用した簡便なレポーター系を作製する。

課題代表者

石堂 正美

  • 環境リスク・健康研究センター
    統合化健康リスク研究室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 理学
portrait