ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境因子によるアポトーシス誘導の分子機構の解明 (平成 13年度)
The Mechanisms of apoptotic pathways induced by environmental toxicants

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0102AE190
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
アポトーシス, 分子機構, 環境有害因子
キーワード(英語)
APOPTOTIC PATHWAY, MECHANISM, ENVIRONMENTAL TOXICANTS

研究概要

今日の環境問題の中で、環境有害因子に生体が暴露した時の、人の健康への影響を鋭敏に、かつ感度よく評価できる手法を確立することは極め重要な課題になっている。私は、これまでに分子細胞生物学に立脚した方法論を導入し、その課題に取り組んできた。その結果、環境有害因子による細胞の「死に方」を識別することにより、従来の評価法に比べ感度のよい新しい評価法の確立への手がかりを得た。それは、「環境因子によるアポトーシス(自殺死)の誘導」を見い出したことによる。本研究では、アポトーシス誘導を指標とした新しい環境因子の健康影響評価法の確立のために、その分子機構を解明する。

全体計画

-

今年度の研究概要

アポトーシス実行過程に関与する酵素DNaseの分子機構の解析のための無細胞系cell-freeによるDNAフラグメント化酵素 (DNase)の活性測定系の確立
これまでに主に解析してきたブタ腎臓由来培養細胞LLC−PK1の抽出液を単離したヒト遺伝子(genomic DNA)と混合し反応を始める。抽出液に含まれているDNaseにより切断され生成すると期待されるDNAフラグメントを有機溶媒で抽出する。エタノール沈殿で濃縮後、アガロース電気泳動でDNAフラグメントを確認する。確認できれば無細胞系はできたことになるが、確認できない場合は至適反応条件を検討する。例えば、アポトーシス誘導酵素であるカスペースや緩衝液組成、蛋白質量、重金属の有無など細部に渡り条件を設定する。

課題代表者

石堂 正美

  • 環境リスク・健康研究センター
    統合化健康リスク研究室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 理学
portrait