ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境評価のためのモデリングとシミュレーション手法に関する研究 (平成 13年度)
Study on modelling and simulation methodologies for environmental evaluation

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0101AE037
開始/終了年度
2001~2001年
キーワード(日本語)
数理モデル, シミュレーション手法
キーワード(英語)
MATHEMATICAL MODEL, SIMULATION TECHNIQUES

研究概要

環境を定量的に評価する立場から、環境問題に対する数理モデルの構築およびシミュレーションに関する基礎的研究を行う。

全体計画

-

今年度の研究概要

近年注目されてきている広田による差分法を粒子状物質の拡散問題に適用し、地表面付近の複雑な粒子の振る舞いをシミュレート可能なモデルを作成する。また、粒子状物質の測定データの解析に対する確率解析的手法の適用を文献調査を通して検討する。

課題代表者

須賀 伸介

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 工学
portrait

担当者

  • 田村 正行
  • 清水 明