ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ダイオキシン類の体内負荷量および生体影響評価に関する研究 (平成 13年度)
Exposure and health effects assessment of dioxins

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0005AA171
開始/終了年度
2000~2005年
キーワード(日本語)
ダイオキシン, 曝露量, 生体影響, バイオマーカー, リスク評価
キーワード(英語)
DIOXINS, EXPOSURE, HEALTH EFFECTS, BIOMARKER, RISK ASSESSMENT

研究概要

ダイオキシン類のヒトの健康への影響、ことに生殖・発生への影響が懸念されている。ヒトがダイオキシン類にどの程度曝露されており、またそれによってどの程度影響が起きているかについてはほとんど分かっていないのが現状である。特に生殖・発生への影響については、それを評価する適切なバイオマーカーがないことが大きな原因である。
本研究では1)ダイオキシン類の曝露量、体内負荷量を評価し、2)生体影響指標(バイオマーカー)の検索・開発を行い、3)体内負荷量との関係を検討し、その中で感受性の決定要因を明らかにする。これらにより、ダイオキシン類の生体影響、特に生殖・発生影響にかかわるリスク評価のための基礎資料を得ることを目的とする。

全体計画

平成13年度 インフォームドコンセントのもと、ヒトの血液、組織等を採取し、ダイオキシン類濃度の測定を行う。ダイオキシンにより鋭敏に動くと考えられる生体影響指標の測定を行う。ダイオキシンに対する感受性を規定する因子について、分子レベルでの検討を行う。
平成14年度 引き続きヒトの試料の採取、ダイオキシン類の測定を行う。ダイオキシンによって鋭敏に動く遺伝子を探索する。ダイオキシンに対する感受性を規定する因子について、分子レベルでの検討を行う。
平成15年度 引き続きヒトの試料の採取、ダイオキシン類の測定を行う。ダイオキシン応答遺伝子を絞り込み、同定を行う。ダイオキシンによって鋭敏に動く遺伝子を探索する。ダイオキシンに対する感受性を規定する因子について、分子レベルでの検討を行う。
平成16年度 引き続きヒトの試料の採取、ダイオキシン類の測定を行う。新たに同定したダイオキシン応答遺伝子のmRNAの定量法を確立し、ヒトサンプルでの測定を行う。感受性を規定する因子のヒトサンプルや実験動物での確認を行う。
平成17年度 これまでの結果を総合して、体内負荷量の評価を行う。生体影響指標の適用可能性を検討する。感受性種差、個体差を決定する因子を分子レベルで明らかにする。

今年度の研究概要

インフォームドコンセントのもと、ヒトの血液、組織等を採取し、ダイオキシン類濃度の測定を行う。ダイオキシンにより鋭敏に動くと考えられる生体影響指標のヒトの血液サンプルでの測定を行う。ダイオキシンに対する感受性を規定する因子について、ARNT,ステロイドホルモン産生系の代謝酵素群の遺伝的多型、エストロゲン応答遺伝子の発現差に着目して検討を行う。

課題代表者

米元 純三

担当者

  • 森田 昌敏
  • portrait
    曽根 秀子環境リスク・健康研究センター
  • 遠山 千春
  • portrait
    青木 康展環境リスク・健康研究センター
  • 大迫 誠一郎
  • 石村 隆太
  • 西村 典子