ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究 (平成 13年度)
Studies on long-term exposure monitoring to suspended particulate matter using bio-assay evaluation

予算区分
BC 環境-公害一括
研究課題コード
0004BC227
開始/終了年度
2000~2004年
キーワード(日本語)
生物評価試験, 浮遊粒子状物質, 長期曝露モニタリング, ダイオキシン類, 変異原性, 多環芳香族炭化水素類
キーワード(英語)
BIO-ASSAY, SUSPENDED PARTICULATE MATTER, LONG-TERM EXPOSURE, DIOXINS, MUTAGENICITY, POLYCYCLICAROMATICHYDROCARBONS

研究概要

長期間継続的に採取した粒子状物質の生物試験及び化学分析結果から空気中発がん関連物質の発生要因や曝露要因を把握すると共に長期曝露評価に必要な基礎資料を得る。

全体計画

環境空気中の浮遊粒子状物質の長期モニタリングや曝露評価に必要な基礎資料を得るために平成12年度から5年間、以下の研究を行う。
(1) 浮遊粒子状物質及びそれに含まれる有害物質による都市部大気汚染トレンド(20〜25年)を長期低温保存試料等を用いて明らかにする。
(2) 生物評価試験(変異原性測定法など)を上記測定に適用し、汚染そのものの総合的評価を試みる。
(3) 都市部浮遊粒子状物質を大量に採取し、それを標準比較試料として用いることにより生物評価試験法、高感度化学分析法の規格化や測定精度管理手法についても検討する。
(4) 隔日サンプリング等、試料採取の基礎資料を作成すると共に、生物評価試験や当該化学物質分析に適した試料調製や試料保存法を作成する。
(5) ガス/粒子間の成分組成や浮遊粒子の粒径分布に及ぼす各種要因及び当該物質のリアルタイム測定法について発生源などを含めた検討を行う。

今年度の研究概要

前年度までに得られた成果を発展させて以下の研究を行う。
1) 約20年間採取され超低温保存されてきた浮遊粒子試料を生物評価試験及び化学分析法を用いて出来るだけ多く測定し、都市部大気汚染トレンド等について検討する。
2) 上記測定値の精度及び評価能を向上させるため、比較標準物質を大量に作成し、各調製法等の規格化、測定手法の規格化等を行う。
3) 粒子/ガス間のセミボラタイル物質の挙動について知見を得るため、焼却炉等主要発生源試料について上記の生物評価試験法、化学分析法のほか、リアルタイム測定手法を適用して検討評価する。
4) 浮遊粒子の粒径分布に及ぼす各種要因については、主に多段階型分級採取装置を用いて検討する。
5) 隔日サンプリング等の効率的試料採取法及び試料保存法等についての基礎試料を作成する。

課題代表者

後藤 純雄

担当者