ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

胎盤の機能異常に着目した環境有害物質による胎仔の異常発育のメカニズムの解明 (平成 13年度)
Analysis of alteration of placental functions associated with the fetal growth abnormalities by environmental toxic substances

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
0003CB074
開始/終了年度
2000~2003年
キーワード(日本語)
環境有害物質, 胎仔発育異常, 胎盤
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL TOXIC SUBSTANCES, FETAL GROWTH ABNORMALITY, PLACENTA

研究概要

環境中の汚染物質のなかには、日常生活における慢性的蓄積により、胎児の奇形、発育不全、流産や死産をおこす有害な物質が多く存在する。このような胎児発育への影響は母体には障害性を示さない極めて低濃度でおきる。これまで環境有害物質による胎仔への影響の研究は、胎仔への直接影響に関心がもたれており、胎盤や母体側(子宮)の機能に着目した研究は少ない。しかし環境中に存在する極微量の有害物質の多くは胎盤というバリアでまず防御されるため、多くの場合、胎盤機能の変調は胎仔影響に先行すると考えられる。例えば、酸化的ストレス作用を有するカドミウムのような重金属やPCBのような多環芳香属炭化水素は胎仔の発育不全をおこすことが知られている。また、胎盤は、妊娠期間中、卵巣と共にステロイドホルモンを分泌する器官であり、ステロイドホルモン攪乱作用を有する物質の投与により胎仔の子宮内死或いは分娩異常をおこすことが知られている。本研究では、リスク評価のための基礎研究として、有害物質による(1)酸化的ストレス作用と(2)ステロイドホルモン攪乱作用に焦点を当て、胎盤の機能異常の結果引き起こされる胎仔の発育阻害のメカニズムを明らかにする。

全体計画

12年度:妊娠ラットへの有害物質の投与を行う。胎仔の生存率、奇形の観察、重量、および、胎盤組織の重量測定、組織レベルでの観察を行うことによって、基礎データーを収集する。ノーザンブロット或いは定量的RT-PCR法によりマーカー遺伝子の発現量を調べたり、二次元電気泳動法を用いて新たなマーカー遺伝子の探索も行う。
13年度:投与量や投与時期について修正を加えつつ、12年度に引き続き、投与実験を行う。
14年度:有害物質によって胎盤細胞で発現量が変化し機能が明らかになったマーカー遺伝子について、遺伝子破壊に必要なターゲッティングベクターの構築を行う。
15年度:ターゲッティングベクターをTS細胞に導入し、胎盤特異的な遺伝子破壊動物を作成する。この動物に有害物質を曝露し、胎仔・胎盤の解析を行う。

今年度の研究概要

昨年度に引き続き、妊娠動物にTCDDを曝露した動物の胎盤を用いて解析を進める。特に、どのような遺伝子の発現変化がおきたのかを二次元電気泳動法等を用いて詳細に解析する。また、カドミウム等の酸化作用を有する物質等を用いて、TCDDの実験と同様に投与を行い、胎盤の異常と胎仔の発育異常の関連性について新たに実験を行う。

備考

3.(3)に再掲

課題代表者

石村 隆太

担当者

  • 大迫 誠一郎
  • portrait
    青木 康展環境リスク・健康研究センター
  • 遠山 千春