ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

C-3 東アジアにおける民生用燃料からの酸性雨原因物質排出対策技術の開発と様々な環境への影響評価とその手法に関する研究 (平成 13年度)
C-3 Studies on Techniques to Control Emission of Acid-Precursors from House-hold Use of Coal Combustion in East Asia and on the Impacts of Their Application

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0002BA087
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
バイオブリケット, 乾式選炭, 材料影響, 制御手法の普及・啓発
キーワード(英語)
BIO-BRIQUETTES, DRY COAL-CLEANING, MATERIAL DAMAGE, PROPAGATION OF CONTROL TECHNIQUES

研究概要

中国のエネルギーの約75%を占める石炭の需要は、将来的に増加する傾向があるが、採炭される高硫黄分の低品位石炭は未処理のまま市場に流通しており、その多くは、民生用や中小規模ボイラー等の施設にて燃焼に供されている。その結果、大量の二酸化硫黄(SO2)及び粉塵が放出されており、大気汚染や酸性雨が顕在化し、それらによる生態系の破壊、農林業の経済的損失、建造物の腐食、健康被害等が発生している。このように深刻な大気汚染や酸性雨被害を防止するためには、低品位石炭をクリーン化する技術が必要となる。石炭クリーン化技術の中でも比較的低コストで実現可能な乾式選炭技術は開発途上国向けの環境調和型の石炭利用技術として重要視されており、その開発・現地化を本研究の第一の目的とする。また、これまでに、中国への適正化研究の実績があるバイオブリケット化技術を広域に普及させるため、その使用によって住民の健康被害、建造物・材料の腐食による経済的損失などがいかに改善されるか、またバイオブリケット使用後の廃棄物がどのように有効利用できるかを研究し、ブリケット利用の促進を図ることを第二の目的とする。

全体計画

13年度 乾式選炭技術の適正化については、日中共同による乾式選炭実用機の改善設計と製作、実証プラント設置および現地の既存技術・装置との融合などに関する基礎的研究を行う。また、バイオブリケットの中国普及対象地域における住民の各種燃料に対する使用意欲の実態調査、利用普及状況に関する追跡調査、燃焼灰の農林地への散布による地域循環型総合環境保全対策の実施可能性に関する調査を行う。
14年度 乾式選炭技術の適応性については、現地の既存技術、装置等と融合される乾式選炭実証プラントの性能試験、選炭実証実験による経済性の評価、乾式選炭技術とバイオブリケットの普及のための総合環境対策の立案への提言を行う。中国普及対象地域におけるバイオブリケットの利用普及状況に関する追跡調査とその普及政策の提示、大気汚染対策・酸性土壌修復・水質汚染対策からなる地域循環型総合環境保全対策の実施可能性に関する調査、酸性雨・複合大気汚染による社会経済的損失の見積りと環境改善による影響の評価を行う。

今年度の研究概要

(1)乾式選炭技術の適応性については、現地の既存技術、装置等と融合される乾式選炭実証プラントの性能試験、選炭実証実験による経済性の評価、廃石から回収した硫黄分の有効利用に関する基礎的研究、現地モデル地域内の酸性雨と地球温暖化原因物質の低減効果の将来環境影響予測評価、乾式選炭技術とバイオブリケットの普及のための総合環境対策の立案への提言、普及展開のための製造・消費エリアの適正規模に関する研究・啓蒙活動を行う。(2)中国普及対象地域におけるバイオブリケットの利用普及状況に関する追跡調査とその普及政策の提示、大気汚染対策・酸性土壌修復・水質汚染対策からなる地域循環型総合環境保全対策の実施可能性に関する調査、酸性雨・複合大気汚染による社会経済的損失の見積りと環境改善による影響の評価を行う。

備考

共同研究相手方:中華人民共和国、重慶市環境科学研究院、羅仁学

課題代表者

畠山 史郎

担当者

  • 村野 健太郎