ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-51 CH4、N2Oのインベントリーの精緻化と開発中核技術の内外への普及
(3)バイオ・エコシステムを活用した生活系・事業場系排水のCH4、N2O抑制対策中核技術の汎用化と普及に関する研究
(4)廃棄物処理分野におけるCH4、N2O排出抑制中核技術の汎用化と普及に関する研究
(9)CH4、N2O抑制対策中核技術の汎用化、普及手法の最適化とインベントリーの精緻化、充実化のための総合評価に関する研究 (平成 13年度)
B-51 Study on the good practice for CH4, N2O inventories and the assessment of practicability for countermeasure to control the anthropogenetic CH4 and N2O

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0002BA228
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
メタン, 亜酸化窒素, 生活系・事業場系排水, 固形廃棄物, バイオ・エコシステム, 開発途上国, 普及可能な対策技術
キーワード(英語)
METHANE, NITROUS OXIDE, DOMESTIC AND INDUSTRIAL WASTEWATER, SOLID WASTE, BIO-ECOSYSTEM, DEVELOPING COUNTY, PRACTICABLE COUNTERMEASURE

研究概要

バスケットアプローチによる削減目標が設定されたことから各排出源からの排出量を示すインベントリーの充実化が極めて重要視されることとなり、IPCCではインベントリータスクフォースおよびその技術支援ユニット(TSU)を設置した。これらに対して科学技術的裏付けを与える極めて緊急かつ重要な位置づけにあるのが、排出量推計精度の極めて低いCH4、N2Oである。CH4、N2Oは人間活動の幅広い分野から排出されており、各分野における対策技術とCH4、N2O排出の関係から管理条件、運転操作条件等の変化と連動して大量に排出されたり、排出量が抑制されたりする可能性の極めて高いことが指摘されている。本研究では特に、これらの排出ポテンシャルが大きい生活系・事業場系排水処理および固形廃棄物処理の廃棄物分野についてアジア地域の開発途上国を視野に入れ、インベントリーの充実化と普及可能な対策技術の開発を行う。さらに導入効果の評価を踏まえ、対費用効果の優れた技術の普及と連動した各人為排出源におけるインベントリーの精緻化と充実化を図る研究を推進することとする。

全体計画

12年度 固形廃棄物に係るインベントリーの再評価、埋立処分地での推計手法の検討、排水処理に係る物質フローの提示、排出量の処理運転操作条件との関連での評価、実証化対策技術の設計諸元を検討する。各分野でのインベントリー精度の評価、今後重点化すべき排出源の抽出、対策技術の各分野での開発状況の整理、コストを基本とした評価手法の開発を行う。
13年度 固形廃棄物に係るインベントリーの精緻化を進め、埋立処分地からのCH4排出量推計モデルを開発、排水処理の各処理プロセスでのインベントリーの精緻化、汎用可能な排出シミュレーションモデルを開発、対策技術の実証化を検討する。各分野でのインベントリーの精度評価によりさらに重点化すべき排出源の抽出、インベントリー精緻化のための推計手法の開発を行い、対策技術のコストを基本とした評価、内外への中核技術としての適用の問題点の抽出を行う。
14年度 内外へ適用可能な対策技術の確立を図り、これらの研究成果を基に各分野のインベントリーおよび対策技術を総合的に評価し、CH4、N2Oの精度高い排出量の推計、推計手法の確立および中核技術としての対策技術とこれらの導入手法の提言を行う。

今年度の研究概要

(1)バイオ・エコシステムを活用した生活系・事業場系排水のCH4、N2O抑制対策中核技術の汎用化と普及に関する研究
中核技術の対象となるそれぞれの処理プロセスにおける排出量を運転操作条件との関係において明らかにし、これらに対応可能なシミュレーションモデルの開発を行う。なお、シミュレーションモデルの開発については既存の生物学的処理モデルに成果として得られる排出に係るパラメーターをフィッティングさせる。実証化プラントを用いて抑制対策技術の実証化試験を推進し、環境要因等の変動の影響などを明らかにする。さらにローテク化技術についても処理性能とインベントリーの精緻化に資するCH4、N2O排出量に関して基盤的な検討を行う。
(2)廃棄物処理分野におけるCH4、N2O排出抑制中核技術の汎用化と普及に関する研究
CH4排出量推計手法の標準化、精度の特定という点に配慮しながら、最終処分場からのCH4排出量推計モデルの作成、有機性廃棄物リサイクル方式のシナリオ設定、産業廃棄物処理分野における排出源単位の決定等により、インベントリーの精緻化に資する排出量推計手法を整備する。最終処分場における対策技術に関して、FTIR等を用いた現場観測手法の実施、埋立地層内のガス流動モデルの構築、また、各種埋立物前処理によるガス発生抑制効果の評価を行い、技術開発を進める。
(3)CH4、N2O抑制対策中核技術の汎用化、普及手法の最適化とインベントリーの精緻化、充実化のための総合評価に関する研究
平成12年度に検討したCH4、N2Oインベントリーの高精度化・充実化技術の評価手法を用いて、各人為発生源において取り組まれている高精度化・充実化技術に対する評価を行い、コストを基本とした対策技術評価手法の適用範囲をアジアにまで拡大することを目的とした評価手法の再検討を行う。

備考

[研究委託先]
東北大学 西村 修助教授,筑波大学 松村正利教授,東北学院大学 遠藤銀朗教授,早稲田大学 常田 聡助教授
[外国共同研究機関]
中国環境科学研究院,瀋陽応用生態研究所,上海交通大学,中国清華大学,タイアジア工科大学,タイカセサート大学,インドヴィクラム大学,ソウル市立大学

課題代表者

稲森 悠平

担当者