ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

衛星センサー(ILAS/ILAS-II)データ処理におけるエアロゾル・非ガス成分及びガス成分の同時算出に関する研究 (平成 13年度)
A study on simultaneous retrieval of aerosol/non-gaseous components with gases from multi-spectral satellite measurements

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0001AE159
開始/終了年度
2000~2001年
キーワード(日本語)
衛星観測, エアロゾル, ノンガス成分, ガス成分, 同時算出
キーワード(英語)
SATELLITE, REMOTE SENSING, AEROSOLS, NON-GASEOUS COMPONENT, GASEOUS COMPONENT, SIMULTANEOUS RETRIEVAL

研究概要

衛星からの大気リモートセンシングによって、ガス濃度とともにPSCを含むエアロゾル消散係数及びノンガス成分を求めることは、衛星のデータを科学的に利用していく上で大変重要な課題である。ここでは、「滑らかさの度合い」といった新たな制約をデータ処理アルゴリズムに加えることで、Levenberg-Marquardt非線形逆変換問題の解法に役立てていくことを試みる。

全体計画

13年度 ILAS/ILAS-IIの透過率スペクトルを擬したシミュレーションデータを作成し、このデータを用いて滑らかさ度合いの制約の強さを検討し、その結果得られたデータ処理アルゴリズムを用いて、実際のILASデータに適応する。

今年度の研究概要

1) ILAS/ILAS-IIの透過率スペクトルを擬したシミュレーションデータの作成。
2) シミュレーションデータを用いた、滑らかさ度合いの制約の強さの検討。
3) いくつかのエアロゾル・PSCの消散係数スペクトルを用いた検討。
4) 実際のILASデータへの本アルゴリズムの適応。

課題代表者

中島 英彰

  • 地球環境研究センター
    気候モデリング・解析研究室
  • 主席研究員
  • 博士(理学) (1993.3 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻)
  • 地学,理学 ,物理学
portrait

担当者