ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

トランスジェニックマウスを用いた環境発がんにおける酸化的ストレスの関与の解明 (平成 13年度)
Elucidation of involvement of oxidative stress by the use of transgenic mice in environmentally-induced carcinogenesis

予算区分
CA 文科-原子力
研究課題コード
9903CA068
開始/終了年度
1999~2003年
キーワード(日本語)
環境発がん, 酸化的ストレス, トランスジェニックマウス
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL CARCINOGENESIS, OXIDATIVE STRESS, TRANSGENIC MICE

研究概要

一般環境中ではヒトは放射線などの物理的因子と多種類の有害化学物質に曝露されており、ヒトがんの原因として環境発がんが問題となっている。これらの環境有害因子により誘発される腫瘍発生には個体差が認められていることから、人間集団における環境発がんのリスク評価の際には、個々人の感受性要因を解明する必要がある。また、放射線や種々の有害化学物質による発がん過程には、生体内で発生する酸化的ストレスの関与が指摘されている。そこで、本研究では、酸化的ストレスの除去に関与するタンパク質を過剰発現あるいは欠損したトランスジェニックマウスを用いて、放射線発がんや化学発がんにおける酸化的ストレスの関与を明確にすることにより、発がん感受性要因としての酸化的ストレスの重要性を明らかにし、その影響評価のための基礎的知見を得ることを目的とする。

全体計画

11-15年度:以下の項目について検討する。
(1)放射線発がん及び化学発がんに対する感受性の解析: X線及び種々の化学発がん物質による腫瘍の発生頻度を、酸化的ストレス防御タンパク質の過剰発現あるいは欠損トランスジェニックを用いて比較検討する。
(2)発がん組織中での特定蛋白質の濃度変化と局在性:上記(1)で得られたがん組織中での特定蛋白質濃度の変化をラジオイムノアッセイ法([125I]標識蛋白質を用いる)を用いて検討する。また、がん組織中での特定蛋白質の局在を免疫組織学的に検討する。
(3)DNA付加体の検出と発がんイニシエーションへの酸化的ストレスの影響:上記のトランスジェニックマウスにおける放射腺照射、または化学発がん物質によるDNA付加体の同定を、32Pポストラベル法などにより検討する。また、酸化的ストレスの指標であるペプチドやタンパクを免疫化学的方法により解析する。
(4)がん関連遺伝子およびアポトーシス関連遺伝子の発現:放射腺照射、または化学発がん物質投与によるがん遺伝子、がん抑制遺伝子及びアポトーシス関連遺伝子の発現あるいは制御について、トランスジェニックマウスを用いて比較検討する。また、発がん実験に関しては、がん遺伝子であるrasの変異(32P-[?]ATPを使用)の種類とその頻度をRT-PCRや点突然変異解析法を用いて検討する。P53の抗体を用いて、がん組織中での変異型P53の局在性を検討する。

今年度の研究概要

放射線や化学発がん物質により生体内で発生する酸化的ストレスによる発がん過程(イニシエーション、プロモーション、プログレッション)のメカニズムの解明を、酸化的ストレスに対する感受性をコントロールしたトランスジェニックマウスを用いることにより行う。
(1)X線による胸腺リンパ腫および種々の化学発がん物質による腫瘍の発生頻度を、酸化的ストレス関与タンパク質の欠損トランスジェニックマウスを用いて、それぞれ比較検討する。
(2)X線、あるいは化学発がん物質によるDNA損傷やがん遺伝子(ras)およびがん抑制遺伝子(P53)の変異について、トランスジェニックマウスを用いて比較検討する。

課題代表者

遠山 千春