ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ダイオキシン類と多環芳香族炭化水素類の複合毒性の評価に関する研究 (平成 13年度)
Evaluation of multiple toxicity of dioxins and PAHs

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
9902CB069
開始/終了年度
1999~2002年
キーワード(日本語)
ダイオキシン, 多環芳香族炭化水素
キーワード(英語)
DIOXINS, POLYCYCLIC AROMATIC HYDROCARBONS

研究概要

ダイオキシン類はゴミ焼却等により発生し、その様々なヒト健康影響が懸念されている。しかし、我が国におけるダイオキシン類の健康影響に関する疫学調査は始まったばかりであり、両者の因果関係はまだ明らかではない。さらに、ダイオキシン類と同様に燃焼により生じる他の化合物については、その発生量の多さにもかかわらず、その曝露評価と複合作用の解明が遅れているのが実状である。本研究では、燃焼により生じるダイオキシン類と多環芳香族炭化水素類の生体内での動態とその作用を明らかにし、ヒト疫学調査に必要な知見を得ることを目的とする。

全体計画

11年度:ディーゼル排気中のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素含量の測定を行う。実験動物へのディーゼル排気曝露を開始する。
12年度:ディーゼル排気曝露した実験動物試料中のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類の測定を行う。併せて、ディーゼル排気曝露による実験動物のDNA酸化的障害を測定する。
13年度:ディーゼル排気曝露による実験動物体内での活性酸素産生量の測定を行う。一方、大気試料中のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類の測定も行う。
14年度:ダイオキシン類または多環芳香族炭化水素類の主要な成分を、実験動物に単独あるいは併用投与し、その動態と酸化ストレスを測定する。一方、ヒト試料中のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類の測定も行う。

今年度の研究概要

研究計画に従い、ディーゼル排気曝露による実験動物体内での活性酸素産生量の測定を行い、体内のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類含量、あるいはDNAの酸化的障害量との因果関係を明らかにする。一方、ヒトのダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類の経気道曝露量を評価するため、大気試料中のダイオキシン類および多環芳香族炭化水素類の測定も行う。

課題代表者

宮原 裕一

担当者

  • 小野 雅司
  • 高野 裕久
  • 遠山 千春