ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

イメージングフーリエ変換赤外分光計に関する研究 (平成 13年度)
A study on development of imaging Fourier-transform infrared spectrometer

予算区分
CC 文科-海地
研究課題コード
9901CC160
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
衛星観測, FTS, 温室効果気体
キーワード(英語)
SATELLITE, REMOTE SENSING, FTS, GREENHOUSE GAS

研究概要

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)や、地球温暖化防止京都会議(COP3)で議論されたように、今後の地球温暖化を予測する上で、温室効果気体のグローバルなモニタリングが今後の重要な課題である。また同時に、地球温暖化に伴う成層圏の寒冷化によってオゾンホールの回復の遅れも指摘されており、ますます衛星による対流圏及び成層圏のモニタリングの重要性が増加している。そこで、本研究では従来衛星からは困難といわれていた対流圏全域を含めた温室効果気体を含む各種微量気体成分のグローバルなモニタリングを行うための概念検討及び性能評価を行ない、将来の衛星へのセンサー搭載の実現性を示すことを目標とする。イメージングフーリエ変換赤外分光計(イメージングFTS)は、地球大気微量気体成分からの熱放射を高分光分解能かつマッピング(イメージ画像取得)が可能となるよう、衛星から分光観測する手法である。

全体計画

13年度 20素子アレイ検出器及びPV-MCTを用いたサングリント光観測をもとに、光路中にあるCO2, CH4, O3等温室効果気体の全量の導出を行い、他の観測結果との比較・検証を行う。

今年度の研究概要

イメージングFTIRの概念検討を行なうために、最終年度にあたる平成13年度は、以下のような手順で評価を行なっていく。(1)平成12年度に行った、20素子アレイ検出器及びPV-MCTを用いたサングリント光観測を継続し、いろんな大気条件・季節の違うデータを取得する。(2)(1)で得られたデータをもとにフォワードモデルを用いたリトリーバル計算を行い、光路中にあるCO2, CH4, O3等温室効果気体の全量の導出を行う。(3)(2)で得られた温室効果気体全量と、付近の地上モニタリングステーションで得られる温室効果気体混合比を比較し、このようなリモートセンシング技法を用いて得られる気体濃度の導出精度について考察する。(4)これら3年間で得られた知見をもとに、実際に衛星に搭載するハードウェアの概念検討を行う。

課題代表者

中島 英彰

  • 地球環境研究センター
    気候モデリング・解析研究室
  • 主席研究員
  • 博士(理学) (1993.3 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻)
  • 地学,理学 ,物理学
portrait

担当者