ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

A-4 紫外線の健康影響のリスク評価と効果的な予防法の確立に関する研究 A-4(2) オゾン層破壊に伴う紫外線変動予測と健康リスク評価に関する研究(平成 13年度)
A-4 Studies on the risk assessment of ultraviolet radiation and the establishment of preventive measures
A-4(2) Prediction of ultraviolet radiation change and assessment of its health risks

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA291
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
紫外線, 曝露量評価, 白内障, 量−反応関係, 予防対策
キーワード(英語)
ULTRAVIOLET RADIATION, EXPOSURE ASSESSMENT, CATARACT, DOSE-RELATIONSHIP, PROTECTION

研究概要

オゾン層の破壊により今後増加が予想される紫外線により引き起こされると考えられる健康影響について、(1)現実性の高いオゾン層減少シナリオに基づく紫外線変動を明らかにするとともに、(2)予想される健康影響の大きさを疫学的研究、実験的研究結果に基づき総合的に評価し、併せて、(3)効果的な防御方法について検討する、ことを目的に研究を行う。

全体計画

13年度:(1)戸外生活時間調査および独自に開発したマネキンモデルを使って、眼部への紫外線暴露量評価モデルを作成する。この結果をもとに疫学調査参加者の眼部紫外線暴露量を求める。(2)レイキャビク(アイスランド)住民を対象にフォローアップ調査を実施し、過去5年間の白内障新規発症率を求める。

今年度の研究概要

(1)戸外生活時間調査および独自に開発したマネキンモデルを使って、眼部への紫外線暴露量評価モデルを作成する。この結果をもとに疫学調査参加者の眼部紫外線暴露量を求める。(2)レイキャビク(アイスランド)住民を対象にフォローアップ調査を実施し、過去5年間の白内障新規発症率を求める。(3)これまでに得られた結果に基づく、紫外線と白内障の量−反応関係を明らかにし、リスク評価を行う。

備考

〇本研究の課題代表者は国立がんセンター研究所の山口直人部長                                       共同研究者:アイスランド大学眼科主任教授 Dr. F. Jonasson、他

課題代表者

小野 雅司

担当者