ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

D-3 アジア縁辺海域帯における海洋健康度の持続的監視・評価手法と国際協力体制の樹立に関する研究 (平成 13年度)
D-3 Study on the monitoring and evaluation of the health of Asian marginal seas and establishment of relevant international cooperation

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA122
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
アジア縁辺海, シリカ欠損, ボランティア観測船, オンライン監視, 全球海洋観測計画-海洋健康度モジュール, CoMEMAMS Panel
キーワード(英語)
ASIAN MARGINAL SEAS, SILICA DEFICIT, SHIP OF OPPORTUNITY, ONLINE MONITORING, GOOS-HOTOMODULE, COMEMAMS PANEL

研究概要

日本近海−東シナ海−南シナ海−マラッカ海峡に連なるアジア縁辺海域帯・沿岸海域帯において、人為影響による海洋環境の変質が顕在化しているかを持続的に監視・評価する体制を構築する。具体的には「シリカ減少シナリオ」、すなわち、「人為影響でリンと窒素の負荷は増加するが自然の風化作用によるケイ素の補給が減少するため、海洋生態系の基盤がケイ素を必須とするケイ藻類からケイ素を必須としない非ケイ藻類にシフトする」という仮説を検討するため、同海域を航行する定期航路船舶による栄養塩・植物プランクトン種組成の計測を継続する。またこの手法による研究を、関連するアジア各国との協議のもとに実行し、海洋環境を持続的に評価する体制を確立する。

全体計画

-

今年度の研究概要

1)前年度に引き続き、アジア縁辺・沿岸海域帯を定期航行するコンテナ船により、プランクトンおよび栄養塩のサンプリング・分析を行い、シリカ減少シナリオの検討という観点から結果を整理する。
2)ハンブルグで行われる「欧州フェリーボックス計画」のワークショップに参加し、欧州各国研究機関と国立環境研究所で行っている民間定期航路利用の海洋モニタリングの情報交換を行い、知見を併せて海洋環境管理の手法の基礎をつくる。
3)前年度開催した、第2回CoMEMAMS(アジア縁辺海域の海洋環境の共同モニタリング)会合のフォローアップを行い、招聘したアジア各国の研究者を中心にして、CoMEMAMSパネルという国際委員会を形成して、国際協力により継続的に海洋環境を評価する体制をつくる。

課題代表者

原島 省

担当者

  • 功刀 正行
  • 木幡 邦男
  • 中村 泰男