ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

C-4 酸性・酸化性物質に係る陸域生態系の衰退現象の定量的解析に関する研究,(1)陸域生態系衰退地域における酸性沈着の実体とモニタリング手法に関する研究 (平成 13年度)
C-4 Quantitative analysis of terrestrial ecosystem decline related toacidic/oxidative substances, (1)Studies on the state of and the monitoring methodology for acid deposition in the declining terrestrial ecosystem

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA221
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
オゾン, 過酸化物, 前白根山, 乾性沈着, アカマツ
キーワード(英語)
OZONE, HYDROPEROXIDE, MT. MAE-SHIRANE, DRY DEPOSITION, RED PINE

研究概要

大気汚染によって森林被害が現れていると見られる山岳地域(北関東など)においてオゾン、過酸化物を中心とした大気汚染物質を観測し、森林被害との関連を明らかにする。また、これらの地域に適用可能なモニタリング手法を開発し、森林への汚染物沈着の実態を把握するために汚染物濃度の空間分布等の測定を行う。

全体計画

13年度 商用電源のない山岳地域でオゾンを連続測定するため、バッテリー駆動型のオゾン計を開発する。これを用いて、森林衰退の激しい山岳地域においてオゾンおよび過酸化水素等の酸化性大気汚染物質濃度を気象要因とともに長期観測し、汚染と気象の関連について検討する。森林キャノピー内外において、オゾンおよびオゾン生成に関与する窒素酸化物、植物起源炭化水素等の濃度の空間分布を測定する。

今年度の研究概要

奥日光前白根山頂直下の鞍部において、春季から秋季にかけてオゾンの長期モニタリングを行い、また、山間部において過酸化水素や有機過酸化物濃度を測定し、同時に観測する気象要素のデータと併せて汚染と気象との関係について検討する。さらに奥日光等の森林においてオゾンおよび関連物質濃度の空間分布を測定し、キャノピー内外における光化学的オゾン生成の有無について検討する。

備考

C-4課題代表者:農業環境技術総合研究所 袴田共之;一部を東京農工大学,東洋大学,埼玉大学,産業医科大学に委託

課題代表者

福山 力

担当者

  • 畠山 史郎
  • 内山 政弘