ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-8 大気の酸化能と温室効果ガスの消滅過程をコントロールする反応性大気微量気体の大気質へのインパクトに関する研究 (平成 13年度)
B-8 Studies on the Impacts on Air Quality by Reactive Atmospheric Trace-Species which Control the Oxidizing Capacity of the Atmosphere and the Sink Processes of Green House Gases

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA109
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
光化学反応, 光化学反応チャンバー, 大気の酸化能, 酸化性物質, 大陸性気団
キーワード(英語)
PHOTOCHEMICAL REACTIONS, PHOTOCHEMICAL REACTION CHAMBER, OXIDIZING CAPACITY OF THE ATMOSPHERE, OXIDATIVE SPECIES, CONTINENTAL AIR MASSES

研究概要

東アジアは現在世界でも有数の大気汚染物質放出地域であり、ここからの大気汚染物質の流出が、東アジア・北西太平洋地域の大気環境に大きな影響を及ぼしているだけではなく、地球温暖化物質の面からも酸性雨原因物質の面からも、いまや世界の大気環境に重大なインパクトを与えている。この地域の大気の特徴は、莫大な人為起源大気汚染物質とともに自然起源汚染質(たとえば天然炭化水素等)も高い割合で含まれていること、寒帯から熱帯までの広い気候領域が含まれていること、硫黄酸化物系汚染質の寄与が大きいこと、窒素酸化物系汚染質の寄与が増大していること、黄砂のような不均一反応の場となるエアロゾル粒子の輸送があることなどであり、欧米とは異なるこの地域特有の化学過程が存在する。このような、地域特有の化学過程はその重要性にもかかわらず、まだほとんど研究されていない。一方、アジア地域においても対流圏オゾンの濃度の増加や、酸性雨地域の拡大など大気の酸化能の増大は顕著であり、これと連動して反応性の大気微量成分の分布にも大きな変化があるものと予想される。前記のような窒素酸化物系汚染質の増加は特に大気化学過程に大きな影響を与えるものであり、これとオゾンの空間分布を捉えることは対流圏大気化学全般にとっても非常に重要である。以上の観点から、東アジア・北西太平洋地域に特有の大気化学過程を解明し、対流圏大気環境の現状を把握することは緊急の必要性を持っている。

全体計画

13年度
(1) 大型光化学チャンバーを用いて、窒素酸化物‐芳香属炭化水素光照射系におけるエアロゾル生成量の温度依存性および海洋上における対流圏オゾンの生成消滅へのハロゲン系ラジカルの関与について調べる。カラム法および超音波粒子浮遊法により、粘土鉱物、ダストおよび土壌についての気固界面におけるNOyの物質移動および反応速度を検討する。レーザー誘起蛍光法を用いてC5以上のアルコキシラジカルの検出法の確立と反応機構の検討を行う。
(2) 前年度に引き続き、隠岐島と沖縄でのNOy、オゾン、エアロゾル等の測定を行い、測定結果から大気の酸化能を推定すると共に大気の流入源と酸化能との関係について解析する。

今年度の研究概要

(1) 大型光化学チャンバーを用いて、窒素酸化物‐芳香属炭化水素光照射系におけるオゾンおよびエアロゾル生成量の温度依存性や海洋上における対流圏オゾンの生成消滅へのハロゲン系ラジカルの関与について調べる。有機硫黄化合物の光酸化反応によるエアロゾルの生成過程をより詳細に明らかにする。
(2)隠岐島と沖縄でのNOyやオゾン、エアロゾル等の測定を行う。また流入大気の流跡線解析を行い、大気を流入源別に分類する。

課題代表者

畠山 史郎

担当者