ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境有害物質が雄性生殖機能に及ぼす影響評価に関する研究 (平成 13年度)
Effects of environmental pollutants on male reproductive function

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
9802CB179
開始/終了年度
1998~2002年
キーワード(日本語)
精巣, 内分泌撹乱化学物質, ダイオキシン, 重金属
キーワード(英語)
TESTIS, ENDOCRINE DISRUPTOR, DIOXINS, HEAVY METALS

研究概要

わが国においては、70年代以降、環境・公害対策が行われた結果として激甚な局地的な公害問題の新たな発生は認められなくなった。しかしながら環境中にはディーゼル排ガス粒子、アスベスト、ダイオキシン類などの有機塩素化合物、重金属類など、多種類の有害な化学物質が人為的な活動に伴い放出され続けており、その健康へのリスクが懸念されている。また、わが国においては、ごみを焼却により処分する量が欧米に比べてけた違いに多く、食生活の面では、米および魚介類の摂取量が多いという特徴があり、このことは環境中からの有害化学物質の取り込み量の増大をもたらす危険要因となっている。近年、野生生物において様々な生殖影響が報告され、環境有害物質の内分泌撹乱作用によるとの指摘がされている。また、ヒトにおいても精子数の減少、精巣腫瘍の増加、停留精巣の増加など男性生殖機能への影響が見られ、環境有害物質との関連が懸念されている。本研究では、このような背景をふまえ、環境有害物質が雄性生殖機能に及ぼす影響を実験的に検討し、そのリスク評価のための基礎資料を得ることを目的とする。

全体計画

平成13年度 ダイオキシン類または重金属類をマウス、ラットに投与し、精巣等への蓄積量の解析と影響評価を行う。精巣における特異的タンパクの出現または消失、特異的遺伝子の発現をモニターする。
平成14年度 これまでの結果を総合し、雄性生殖機能への影響の用量-反応関係、精巣における作用メカニズムを明らかにする。

今年度の研究概要

異なる系統のラットまたはマウスにダイオキシン類あるいは重金属類を投与し、精巣等への蓄積量の解析と、精巣等への影響評価から量-反応関係を明らかにする環境有害物質を投与した精巣における、特異的タンパクの出現または消失、特異的遺伝子の発現をモニターし、その結果を基に精巣における作用メカニズムを検討する。

課題代表者

米元 純三

担当者

  • portrait
    曽根 秀子環境リスク・健康研究センター
  • 遠山 千春
  • portrait
    青木 康展環境リスク・健康研究センター
  • 大迫 誠一郎
  • 石村 隆太
  • 西村 典子