ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(3) 資源循環・廃棄物管理システムに対応した総合リスク制御手法の開発に関する研究(平成 13年度)
1. Studies on material cycles and waste management
(3) Integrated risk control of material cycles and waste management

研究課題コード
0105PR013
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
循環資源, 廃棄物, リスク制御, 残留性化学物質, ダイオキシン類, 分解, 液体クロマトグラフィ質量分析
キーワード(英語)
RECYCLING MATERIALS, WASTE, RISK CONTROL, PERSISTENT CHEMICALS, DIOXINS, DESTRUCTION TECHNOLOGIES, LC/MS

研究概要

循環資源や廃棄物に含有される有害化学物質によるリスクを総合的に管理する手法を開発することにより,資源再生利用や中間処理施設,最終処分場における安全確認と再生利用量の拡大を目指す。ダイオキシン類などの分解処理技術の開発を行うとともに,液体クロマトグラフ/質量分析(LC/MS)を用いた未知物質の同定手法開発などにより監視測定技術を高度化し,厳正な排出監視確保に資するため,以下の研究を行う。 1)循環資源や廃棄物,土壌,排水,排ガスなどに含有される重金属類やPCBなどの有害物質を,バイオアッセイ法により包括的に,かつ簡易に検出する測定監視手法を開発する。また,ダイオキシン類縁化合物把握にむけたバイオアッセイ手法の適用と未知物質の探索を行うことにより,循環廃棄過程における塩素化ダイオキシン類以外の制御対象物質群候補をスクリーニングする。 2)有機臭素化合物を緊急の検討対象物質とし,その主たる発生源,環境移動経路をフィールド研究から確認し,その制御手法を検討する。とくに臭素化・塩素化ダイオキシン類は分析手法が確立されていないため,現行の塩素化ダイオキシン類の公定法と同等の精度を持つ測定分析手法を確立する。 3)循環資源や廃棄物に含まれる物質の多くは不揮発性物質および不安定物質と考えられるが,現在の分析手法では把握できないものも多い。そこで,LC/MSによる系統的分析システムを完成させ,廃棄物埋立地浸出水中の不揮発性物質を分析する。とくに浸出水の処理過程で生成する有害物質に着目し,その同定と定量を試みる。 4)廃棄物および関連試料中に含まれる有機塩素系化合物(PCB,ダイオキシン類など)を高効率で抽出,無害化する手法を開発する。また,こうした技術開発をふまえ,ダイオキシン類や重金属類などの有害物質の種類と量を追跡評価する物質フロー解析を行い,システムとしての制御方策を提言する。

課題代表者

酒井 伸一