ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

重点2. 成層圏オゾン層変動のモニタリングと機構解明(平成 13年度)
2. Monitoring of stratospheric ozone layer changes and understanding their mechanisms

研究課題コード
0105SP021
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
成層圏オゾン層, オゾン破壊, 衛星観測, リモートセンシング, モデリング
キーワード(英語)
STRATOSPHERIC OZONE LAYER, OZONE DEPLETION, SATELLITE OBSERVATION, REMOTE SENSING, MODELING

研究概要

特定フロン等によるオゾン層破壊の問題に関しては,オゾン層保護条約,モントリオール議定書等を始めとする国際的な取り決めにより,種々の対策が施されてきたにもかかわらず,依然として南極オゾンホールの年々の発現,北極域の春季オゾン破壊が進んでおり,必ずしも当初の予測通りには事態は進行していない。成層圏の気象・気候や,極成層圏雲の物理・化学過程とオゾン破壊に関する科学的知見の不足が予測と現実との差異の一因であると考えられ,オゾン層破壊機構理解の一層の深化を図り,また成層圏オゾン層の状況の監視を行うことが必要とされている。このため,環境省・国立環境研究所では人工衛星搭載オゾンセンサーや地上設置遠隔計測機器によるオゾン層の観測,データ解析研究,モデル研究等を続けてきたところである。 中期計画期間は,オゾン層保護対策の効果が現れ,成層圏ではオゾン層破壊物質濃度がピークに達し,緩やかな減少傾向に転ずる時期と考えられている。とりわけ極域(高緯度域)成層圏オゾン層は,種々の要因の影響を最も顕著に受ける領域と考えられ,また中緯度域も極域でのオゾン層破壊の影響を頻繁に受けることが想定されることから,本プロジェクトでは,高緯度域を対象にした人工衛星搭載センサー(衛星観測),及び中緯度域に設置した地上遠隔計測機器等によるオゾン層の観測を行い,オゾン層変動の監視やオゾン層変動機構の解明に資するデータを国内外に提供する。さらに,データ解析,モデリング等によりオゾン層変動機構に係る科学的知見の蓄積を図り,将来のオゾン層変動の予測,検証に貢献することを目的とする。

課題代表者

笹野 泰弘