ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

参考資料7 廃棄物等の発生量

区分 平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度 備考
発生量 発生量 発生量 発生量
可燃物(㎏) 53,448 77,286 76,056 80,600  
実験廃液(L) 5,334 10,019 14,477 16,519 注5
循環資源 廃プラスチック類(㎏) 38,850 8,618 18,738 15,054  
ペットボトル(㎏) 699 1,217 1,664  
アルミ缶(㎏) 317 532 542  
金属くず(㎏) 9,587 11,705 8,144  
機器等(㎏) 4,890 3,147 2,850  
電池類(㎏) 392 311 435  
古紙(㎏) 43,960 51,941 42,584 46,528  
空き瓶(㎏) 2,650 6,032 5,641 5,475  
ガラスくず(㎏) 4,580 1,908 1,930 1,986  
合計(㎏) 148,822 171,689 176,338 179,797  
研究所の職員数(人) 851 926 1,007 1,006  
1人当たりの発生量(㎏/人・日) 0.479 0.508 0.480 0.490  
 

注1. 平成13年度の可燃物発生量は一部推計値が含まれ、14・15年度と算出方法が異なる。
注2. 循環資源は、リサイクル専門の外部業者に全量を処理委託した。
注3. 合計の重量は、実験廃液を1リットル=1kgと仮定して計算した。
注4. 職員数は、通年で勤務している人数を勤務形態等から算定した数で、資料56の「常勤換算数」による。
注5. 環境試料タイムカプセル棟、循環・廃棄物研究棟、環境ホルモン総合研究棟の本格稼働に伴い、水質測定廃液が相当量発生した。