ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年6月30日

科学技術週間に伴う一般公開「春の環境講座」開催報告 2015

一般公開実行委員会事務局

 4月18日(土)に科学技術週間に伴う一般公開「春の環境講座」を開催しました。当日は、やや風が強いものの、好天に恵まれ、多くの皆様にご来所いただきました。職員一同心より御礼申し上げます。

 講演会「温度とくらしのふしぎな関係~身近な熱の世界」では、赤外線サーモカメラを用いて身の回りの熱環境とくらしの関係を学んでいただき、パネルディスカッション「徹底討論 温暖化で生態系はどうなる?-私たちにできることは-」では、多くの皆様にご参加いただき、どちらの催しも大変好評でした。

 展示コーナーでは、パネル等を用いた研究者の説明に対して、熱心に耳を傾けられている姿が多く見受けられ、環境問題に対する関心の高さを実感しました。

 体験を通じて環境問題を楽しく理解いただく参加型イベントは、つくば市の協力を得て行いましたセグウェイの試乗や極小電動乗り物の試乗、自転車による発電体験、などを実施し、多くの皆様にご参加いただきました。

 また、所内ミニツアーでは、研究所内を散策しながら普段見ることができない研究施設をご紹介しました。

 近年、地球温暖化問題等環境問題が大きくクローズアップされ、市民の環境問題に対する関心は高まる一方だと思われます。そういった状況の中、国立環境研究所が、「春の環境講座」を開催し、市民の方々と環境問題に関する議論をしたり、市民の方々に環境問題に関する最先端の研究内容をわかりやすくお伝えしたりすることは、とても意義のあることであったと思います。

 今後とも私たちの研究活動を、よりわかりやすくお伝えできるように工夫、努力を重ねてまいります。国立環境研究所へのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

パネルディスカッション風景
大山記念ホールの展示風景
極小電動乗り物試乗会風景

7月18日(土)には、「夏の大公開」を開催いたします。
子供から大人まで、年齢に応じて楽しんでいただける企画を開催予定です。
ご来所をお待ちしております。

関連新着情報

関連研究報告書

表示する記事はありません